事件・事故・炎上

姫路赤い自転車男は病気で統合失調症?あおり運転が快感になる心理

兵庫県姫路市で多発している赤い自転車のあおり運転。幹線道路を逆走したり、フラフラと蛇行走行をしたりするため、フラフラ男やくねくね男などとも報道されています。危険な運転をする姫路市の赤い自転車男を、早く逮捕して欲しいと近隣付近の住民は願いますよね。

 

なぜ自転車であおり運転や迷惑運転をするのか、その心理や赤い自転車男は病気で統合失調症を患っているのではないか調査してみました。

 

 

関連記事⇒⇒姫路自転車フラフラ男の顔画像や名前は?出現場所特定!ニヤニヤして迷惑運転

【画像】赤い自転車男はひょっこり男に似ている

 

2020年から目撃者が発生し、2021年になり多発している姫路市での迷惑な運転の赤い自転車。逮捕されていないため実名ではなく、フラフラ男・くねくね自転車男・ニヤニヤ男そして赤い自転車男など報道機関によって名称は変わりますが、おおすじ同一人物の可能性が高まっています。

 

幹線道路を逆走したり、急に車の前に飛び出したり、果てには自動車専用道路を自転車で走行したりとやりたい放題。この人物は坊主に近い短髪で、手には金属バッドや野球ボールを持っていたこともあります。

 

何度も何度も自転車であおり運転や危険運転をする男性。2019年に現れた「ひょっこり男」をダブらせるように思いませんか?当時何度もニュースで取り上げられておりましたので、覚えている方も多いでしょう。

 

ひょっこり男こと成島明彦容疑者は、2019年から2020年にかけて20回以上の危険運転を行い逮捕されています。成島容疑者も自転車を運転中に急に対向車線に飛び出したり、蛇行運転をしたりと、相手を驚かす運転をして楽しんでいるようでした。

 

姫路市の赤い自転車男はまだ逮捕されておりませんが、きっと成島容疑者のような犯行動機を語るのではないでしょうか。

姫路赤い自転車男は病気?障害や統合失調症の可能性

公道を自転車で危険な運転をして走る姫路の赤い自転車男。危険だと分かっていながらも相手の反応を楽しむような行動をするところが、昨年に逮捕された成島明彦容疑者に似ています。

 

実は成島明彦容疑者は幼い頃に特別支援学級にも通っており、統合失調症を患っていたとも言われています。

統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せもっています。
出典:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html

 

統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患で、その原因は脳の機能にあると考えられています。100人に1人が発病しており、特殊な病気ではありません。

 

統合失調症でも人に寄って症状は違いますが、大声で叫ぶ、奇妙な行動をとるなど人が変わってしまうようなこともあります。姫路市で自転車あおり運転をする犯人も病気やも障害の可能性を捨てきれません。

 

ひょっこり男の成島容疑者も近所でも有名な迷惑男でした。今回の姫路市であおり運転をする赤い自転車男もきっと近所では知られている存在でしょう。このような自己中心的行動ばかりする男性。きっと住民のトラブルも絶えない環境にいることは間違いありません。

 

男性について他の情報もご存知の方がいましたら、ぜひ情報提供をよろしくお願いいたします。

 

彼女にウソをついて中絶薬で流産させた男⇒⇒三前尋(みまえじん)の顔画像やFacebook特定!身勝手で浅はかさな犯行動機

あおり運転で迷惑行為を楽しむ心理はゲーム感覚

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

ドライブレコーダーの普及によって、姫路の自転車フラフラ男や金属バット男など危険運転をしている動画が数多く報道されています。1月31日には、県道415号線を蛇行運転や反対車線に飛び出して驚かせる危険運転をして渋滞をも引き起こしています。

 

このままではいつか大きな事故を起こし、一般ドライバーまたは歩行者などを巻き込んだ事件を起こすことでしょう。なぜこのようなあおり運転や危険な行為を繰り返すのでしょうか。

 

臨床心理士によると

ゲーム感覚で意図して繰り返すようになっている。

もともとは意図せず偶発的に飛び出し、独特のスリルや相手の反応で快感やスッキリ感を得る。

その後はゲーム感覚で意図して繰り返すようになり、動機もなく本人もわかっていない。
出典:https://news.yahoo.co.jp/

と妨害行為をゲームとしてスリルを味わっていると言います。

 

自分の行動が相手に迷惑になっているとは捉えず、驚いた相手の表情や動きで快感になったり喜びになっているのです。人をあざ笑うような行動をとって優越感に浸るバカにはなりたくないですね。

 

しかし車の運転中に、いつ迷惑運転やあおり運転に遭遇するか分かりません。どんな事故でも証拠を持っていれば大きく話は変わってきます。車を持っているのならドライブレコーダーは必須です。

 

ルームミラー型のドライブレコーダーなら、運転にも邪魔にならずしっかりと前方を録画できます。バックカメラと連携すれば前方も後方もしっかりと撮影してくれます。⇒⇒ルームミラー型ドライブレコーダーの詳細はコチラ

はやく逮捕して欲しい…住民の切なる願い

姫路に出没する赤い自転車の男性を早く捕まえて欲しいと近隣住民だけでなく、報道や動画をみた全国の人々が思っています。その声を集めてみました。

 

TVで姫路市の自転車の煽り運転の映像見たが、無茶苦茶。こんなの許せない。逮捕して刑務所へ!事故が起きて、本人がどうなろうと構わないが、車の人が気の毒。精神的にも損害も。姫路市にも警察の設置を願う。

 

姫路市で自転車でわざと危険運転のニュースを見たが、地元ではかなり有名なのに警察は何も対策してない様子!ニュースで取り上げるまで警察は何もしてない!こんな警察って必要なのか?何か起きてからじゃ遅い!

 

自転車の危険運転の問題どころじゃないぞこの男。完全に不審者!
早く見つけないと自転車の危険運転どころじゃない大きな事件を起こすかもしれない。

 

免許が無いことをいい事にメチャクチャな運転をしているのが自転車。警察はくだらないシートベルト検問なんかしているより、事故を減らすために自転車を取り締まった方が、よほど死亡事故が減る。
こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました