事件・事故・炎上

松尾留与(とめよ)顔画像や生い立ちは?【犯行動機は妹夫婦への妬みか】兵庫放火の伯父

2021年11月19日に起きた兵庫県稲美町の民家が全焼した放火事件で、同居をしていた伯父・松尾留与(まつおとめよ)容疑者が逮捕されました。

松尾容疑者は火事のあと行方が分からずにいましたが、24日の午後1時ごろに大阪市の公園で発見されました。

 

この記事では、松尾留与(とめよ)の顔画像やFacebookアカウント、そして気になる犯行動機について調査していきます。

 

 

松尾留与(とめよ)の顔画像|兵庫火事放火の伯父

2021年11月19日、兵庫県稲美町の民家放火事件で行方が分からなくなっていた同居の伯父が逮捕されました。

 

小学生兄弟が亡くなった放火事件とあり、いなくなった伯父が事件のキーマンであることは明白でした。

松尾眞輝くんと松尾侑城くん兄弟の伯父の名前は「松尾留与(まつおとめよ)」、年齢は51歳です。

 

松尾留与容疑者の顔画像を調査しましたが、まだ現在のところ報道はされておりません。

11月19日に同じように千葉県で自宅を放火し夫と息子を殺害した女が逮捕されました。

 

逮捕された大橋とし子容疑者も、罪状で言えば松尾留与容疑者と似ているかもしれません。

ですが大橋容疑者の場合、夫は寝たきり、息子には重度の障害が、自身も障害を抱えながら生活をしていたという生活背景を思うと苦しみから逃げ出したいという事情を察してしまいます。

 

松尾容疑者の場合は、2階に甥っ子である眞輝くんと侑城君が寝ているのを知っており、また妹夫婦がいない隙を狙っていたと思われます。

犯行動機には暗い心の闇を感じさせます。

 

【追記】

松尾留与容疑者の中学生時代の写真が報道で公表されました。

matsuotomeyo

 

また新たな情報がありましたら追記していきます。

松尾とめよのFacebookアカウントは?

松尾とめよ容疑者は51歳という年齢なので、Facebookアカウントを持っていないか調査していきます。

 

まずは「松尾留与」と調べてみました。

が、検索結果にはありませんでした。

 

次に名前の留与をひらがなにして「松尾とめよ」で検索。

しかしアカウントはありませんでした。

 

松尾留与容疑者はSNSをする心の余裕がなかったのかもしれません。

松尾留与の犯行動機は妹夫婦への妬みか?

松尾留与容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか。

 

事件が起きたのは11月19日の深夜のこと。

兵庫県稲美町の木造2階建ての民家が全焼し、焼け跡からは家に住む小学1年生の松尾眞輝くんと小学6年生の松尾侑城くん兄弟が遺体で見つかりました。

 

侑城くん、眞輝くん兄弟の父親は、出火の直前に仕事を終えた母親を迎えに家には居ませんでした。

そして出火と同時刻の近所の防犯カメラに松尾容疑者と思われる男が立ち去っていました。

 

焼け跡にはガソリンを巻かれた形跡があり、松尾留与容疑者は放火だけでなく自宅に兄弟のみだという状況を選んで犯行に及んでいることが分かります。

 

松尾留与容疑者は妹家族と同居をしているので、子どもたちや妹夫婦の生活行動はよく分かっていると思われます。

 

わざわざ可燃性のガソリンを用意し、深夜の兄弟が寝ており両親不在を狙った計画性。

妹夫婦を悲しみのどん底に落としたいという狙いがあるようにも思えます。

 

関係者によると松尾留与容疑者は、家族から就職するよう勧められていたのですが「働きたくない」と無職のままでした。

 

同居していてもほとんど口も聞かないという関係であった松尾容疑者。

同居家族への恨みや妬みが犯行理由となってしまったのか・・・

松尾留与容疑者の犯行動機はまだ報道で公表されておりませんが、随時更新していきたいと思います。

松尾留与の生い立ちは?


兵庫県稲美町の家には眞輝くんと侑城くんとその両親、そして伯父である松尾留与容疑者の5人で同居していました。

松尾とめよ容疑者は、兄弟の母の兄にあたります。

 

松尾留与容疑者と妹は幼少期から、この兵庫県稲美町の自宅で暮らしておりました。

 

松尾留与容疑者は学校を卒業後、同じ稲美町内にある衣料販売会社などで就職します。

この頃は近くの田んぼの溝の清掃活動をしたりと地域活動も行っていました。

 

2006年には稲美町の土地を松尾容疑者が相続。

数年後大阪に転居し一人暮らしをしますが、数年前に地元に戻り妹夫婦が住んでいた自宅に同居することとなりました。

 

中学生時代の松尾容疑者を知る人物は

「当時、野球部に所属していたがすぐにやめた。人付き合いが得意ではなかったと思う」

とコメントしています。

 

また地元に戻ってきたものの、近所付き合いもなく姿もみせることはほとんどないということ。

近隣の住民はニュースを見るまで、自宅に伯父が住んでいたことも知らないほどです。

 

何度も転職を繰り返していたと見られる松尾留与容疑者ですが、人付き合いが上手に出来なかったことも原因なのかもしれません。

 

無職で自宅に同居していたこともあり、妹夫婦は就職し外にでることを願っていたのでしょう。

ですが松尾留与容疑者は、性格もあり人間関係に苦労をしたのか、働きたくないと生活保護を受けたいと妹夫婦に反発していたとの報道もあります。

 

近所の人も伯父が住んでいることを知らなかったという状況、引きこもりや精神的な病気と問題が多くありそうです。

兵庫県稲美町民家放火事件の概要/小学生兄弟が被害に

兵庫県稲美町岡で19日深夜に発生し、2人の遺体が見つかった民家火災で、県警は24日、火災直後から行方がわからなくなっていた同居の無職、松尾留与(とめよ)容疑者(51)を現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASPCS5F52PCSPIHB01W.html

 

兵庫県稲美町で11月19日深夜に発生した民家火災で、放火と殺人の疑いで松尾留与容疑者(51)を逮捕しました。

 

松尾留与容疑者は、11月19日午後11時半過ぎに稲美町岡に住んでいた自宅に火をつけ木造2階建ての住宅を全焼させました。

 

現場には就寝中だったと見られる2体の遺体があり、DNA鑑定の結果、同居している侑城くんと眞輝くんの2人だと確認されました。

 

事件当時、侑城くんと眞輝くんの父(50代)は、母親(40代)の仕事が終わった時間であり迎えにいっていました。

 

事件後から行方不明になっていた伯父・松尾留与容疑者ですが、近所の防犯カメラに姿が映っており行方を追っていました。

 

松尾留与容疑者は運転免許証も車も所持していないため、徒歩で現場を立ち去る様子が付近の防犯カメラに残っていました。

 

11月24日午後1時ごろ、兵庫県稲美町から東へ50キロほど離れた大阪市北区の扇町公園で発見されております。

容疑を認めたことから逮捕となりました。

 

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました