事件・事故・炎上

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル【顔画像】無資格医療行為と過去に偽警官で詐欺?

医師免許を持っていないのに無資格で医療行為を行った、ペルー国籍の住所不定・職業不詳のサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル被告(26)が逮捕されました。

 

この記事ではサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル被告の顔画像、また偽警察官となり逮捕されたり、迫田ヒロとしてフリーランスプログラマーとしていた経歴など調査していきます。

 

サコダ氏の耳のケガの理由や本人ツイッターが判明したので追記しました。

 

 

 

【サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル】医師資格持たず解毒行為の概要

警視庁が再逮捕する方針を固めたのは、ペルー国籍で住所不定・職業不詳のサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル被告(26)で、去年7月から10月にかけて、資格がないのにもかかわらず10代から30代の男女6人に点滴などの医療行為をした疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと、男は去年10月、台東区駒形のホテルで20代の日本人の男女に対し、覚醒剤の解毒のためにビタミン剤が含まれた点滴を打つなどの医療行為をしましたが、点滴を終えた男性と男がトラブルになり、男が暴行を受けて近隣の住民に助けを求めたことで事件が発覚しました。
引用:https://news.tbs.co.jp/

 

2月15日の報道によりますと、サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏は、2020年7月上旬~10月上旬にかけて、医師免許を持っていないにも関わらず、点滴などの医療行為を行ったということです。

 

簡単に経緯を説明しますと、サコダ氏は飲食店で知り合った人や一定時間経つと履歴の消えるアプリ「テレグラム」を使用し、アプリ内の掲示板に「デトックスします」という書き込みをして患者を募っておりました。そこで依頼された人に対し薬物の解毒点滴を10回以上行った模様です。

 

しかし2020年10月に東京都台東区駒形のホテルで20代の日本人男女にもビタミン剤を含んだ点滴行為を行ったところ、その男性とトラブルが発生。サコダ氏が暴行を受け、近隣住民に助けを求めたことからトラブルが発覚し事件が明らかになりました。

 

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏は、点滴以外にも腫瘍摘出手術も行っています。

東京都渋谷区の20代の知人男性宅で複数回にわたり男性に局所麻酔をした上、メスを使って背中や腹など5カ所の良性腫瘍を摘出。引用:https://mainichi.jp/

 

なんとメスを使った腫瘍摘出手術を知人男性宅で行っておりました。その際には局所麻酔をした上に、背中や腹など5か所の良性腫瘍を取り除いたというのです。医師の資格もなくメスを使うなんて怖すぎます。

 

サコダ氏は医師免許を持っていないにも関わらず、京大出身だと偽り、京大の授業に紛れ込んで授業に出ていたと話しています。また「七夕(たなばた)弘明」という偽名で京大の学生証を作成。台東区役所に提示し住民票に通称名を登録したと逮捕され、今回は再逮捕となっています。

 

医師免許を持たずして、このような医療行為を行ったサコダ氏の顔画像や経歴が気になります。

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエルの顔画像や経歴


出典:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4198780.htm?1613383222989

 

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏の経歴を調査してみました。

 

報道によりますと、ペルー国籍で住所不定、職業不詳。現在26歳となるサコダ氏は、約20年前に両親の仕事で来日したとのことで、これ以上については明かされておりません。そこでより調べてみると、「迫田ヒロ」という名前での検索ワードが出ており、2chにはFacebookの詳細が発見されました。

 

迫田 ヒロ(Hiro Sakoda Vega Garcia)
https://www.facebook.com/hrsk0823(現在は削除されております)
出身校: 京都大学大学院
東京都 豊島区在住
静岡県 富士市出身

 

迫田ヒロという偽名なのでしょうか、このときにはフリーランスのプログラマーと名乗っております。

 

静岡県富士市は日系ブラジル人やペルー人の移民も多い街です。同一人物の可能性が高いのですが、今後別の詳細が明らかになりましたら追記していきたいと思います。

 

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエルの名前で過去にも逮捕歴がありました。

追記➀Twitterアカウント判明

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏のTwitterアカウントが判明されました。アカウント名は『Dr.こっとん@Qotnjp』

 

ツイッターでの自己紹介でも京大卒と記載。よほど京大に思い入れがあるのでしょう。ツイッター内容でも自分は医者だ、京大卒だと偽っています。

 

さらにサコダ氏はTwitter内でも支援を申し出てフォロワーさんから課金をお願いしておりました。

【追記】耳のけがは患者に

サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏の逮捕画像には、耳にガーゼのようなものが覆われております。実はこの怪我は事件にもなった無資格での医療行為中に患者に暴行を加えられたときにケガをしたものと判明。

 

そして自身のTwitter投稿にて、ケガの様子を見せフォロワーさんから有志の課金を申し出るサコダ氏。

 

先般、ボランティア活動で診療中の薬物乱用患者に暴行を加えられ、耳を噛みちぎられる、右目の網膜剥離、両眼窩底骨折、鼻骨骨折等の障害を負いました。
事件によるケガなので健康保険が効かず、相手に支払い能力がないので、医療費が全て自費になっており、高額で負担が大きいです。引用:Twitter

 

 

確かに画像でもかなりひどいけがを負われていますが、全ては無資格の上で行っている医療行為。しかもお金を受け取って治療をしているので、ボランティアではありません。善良なフォロワーさんからお金をだまし取っていました。

 

しかし彼の詐欺行為はこれだけではありませんでした。

過去には警察官と偽り覆面パトで罰金詐欺も?!

 

2016年2月には青森県弘前市で私服警官を装った詐欺事件がありました。そのときの事件詳細がこちらです。

 

覆面パトカーに乗った私服警察官を装い、交通違反金名目で現金をだまし取ったとして、
弘前署は6日、詐欺の疑いで、弘前市富野町、自称フリーランスプログラマー迫田ヒロことサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル容疑者(21)=国籍不明=を逮捕した。
逮捕容疑は5日午後9時40分~同50分、同市神田5丁目の路上で、
乗用車を運転していた同市の無職女性(40)に「交通違反だ。罰金3000円を払ってもらう」と言い、現金3000円をだまし取った疑い。
同署によると、サコダ容疑者は赤色灯を回転させた乗用車を運転。女性の乗用車に後方から近づき停止させて、流ちょうな日本語で声を掛けたという。
車内にサイレンを鳴らす装置も取り付けられていた。
不審に思った女性が5日、同署に相談して発覚。署員が6日、市内でサコダ容疑者を見つけ逮捕した。出典:www.kahoku.co.jp/

青森県弘前市で覆面パトカーの私服警察官と偽ったサコダ氏。路上にて交通違反の罰金を女性からだまし取っておりました。

 

このときの顔画像が残念ながら見つかりませんでしたが、この事件が起きたのが2016年2月6日のことですので、年齢的にも現在のサコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル氏と一致します。

 

年齢や名字やミドルネームまで一緒という偶然はあり得ないでしょうから、サコダ氏は過去にも詐欺事件を起こしており、今回の違法医療行為と合わせても常習犯と確定されます。

 

またサコダ氏の自宅の家宅捜索では、医学の専門書籍が数十冊見つかっております。そしてパソコンには防衛省や米連邦捜査局(FBI)に見せかけた身分証の偽造データも保存されていたというのでかなりの知識をもった人物のようです。

ブラックジャック気取り?サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエルへの反応

悪びれもせずに犯罪を繰り返すサコダ氏にみなさんはどのような反応を持っているのでしょうか?

 

 

自宅での手術ミスしてなかったり、テレグラム駆使したり防衛省やFBIに見せかけた身分証の偽造データ持ってたり名前をもじって七夕とかオシャレな偽名にしたり……エージェントか何かなの?

 

麻酔薬や点滴って薬局で普通に買えるの? メスは?謎が多すぎる。

 

医者としての素質は十分あるのに大学に行く金が無かった。もしくは学費の安い国公立大学の受験科目(5教科)をこなす素質が無かったのか…金があれば私立医学部から医者になれてたかもしれない…

 

すげえな。建築を独学ならぬ医学を独学とな。
道さえ間違えなければ普通に優秀な医師になれたろうに。

 

麻酔薬って薬局で売ってるんだ!?と調べてしまった。局部麻酔用のがあるみたいだけど腫瘍とるような切り方しても効くの?ほんとに??って余計怖くなってしまった。

 

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました