事件・事故・炎上

宇都宮線の電車事故/男の子(小学生)の身元は?自殺か事故か?線路を歩いていた理由

2021年4月1日午後8時43分頃、JR宇都宮線で東京・北区の尾久駅と赤羽駅の間で人身事故が起きました。その後の調査で電車にはねられたのは10歳くらい(小学生)の男の子だと判明。小学生にとっては午後8時過ぎは遅い時間です。なぜ線路上にいたのでしょうか。

 

男の子の身元や事故の状況、また線路を歩いていた理由について調べていきます。新たな情報が入りましたので、追記しました。

 

 

 

宇都宮線人身事故の概要

1日午後8時40分頃、東京都北区栄町のJR宇都宮線尾久―赤羽駅間の線路で、10歳前後とみられる男児が、熱海発宇都宮行き普通電車(15両編成)にはねられ、頭を強く打って、搬送先の病院でまもなく死亡した。引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1dca4ee3b70c5454a4e339a9fb19d0b2325493b7

2021年4月1日の午後8時40分頃、JR宇都宮線線の尾久駅~赤羽駅の間で普通列車に小学生の男の子がはねられる事故が起きました。男児は病院に搬送されるも、1時間後に亡くなってしまいます。

午後9時前という小学生にとっては遅い時間帯。なぜこんな時間に線路にいたのでしょうか。男の子は線路上を歩いていたという運転士の証言があります。男の子は一人でいたようですが、現在の時点ではまだ分かっていないことが多い状況です。今後の調査によって明らかになると思いますので、また改めて追記していきたいと思います。

>>男の子の身元判明!千葉県で行方不明届が出ていた!

【画像】JR宇都宮線列車事故の現場は王子第二踏切付近

事故のあった現場は、JR王子駅から南に400メートルほどで、踏切から200メートルほどだと報道でも伝えられております。ちょうど宇都宮線人身事故に遭遇してしまった方が、SNSでも呟いておりました。

15両編成の列車だったため、最後尾車両が事故の影響で踏切付近に差し掛かってしまい踏切が開かないという状況を作ってしまったようです。

 

そして事故のあった現場は、宇都宮線の王子第二踏切だということが判明しました。

宇都宮線の尾久〜赤羽って王子第二踏切だったのか

栄町王子第二踏切の場所がこちらです。

地図上の赤丸部分が踏切の位置になります。

かなり幅の広い踏切で、この踏切ではよく事故が起きると地元の人も話しています。踏切付近をストリートビューで確認したところ、線路沿いには防音壁も立てられており侵入するには踏切からしかないようです。

 

この場所は撮り鉄の撮影ポイントともなっているようですが、夜の8時過ぎという時間でもあり小学生が線路に侵入していくところを見かけた人もいなかったのでしょう。

 

常磐線の車両追突事故の犯人についてはこちら

→→常磐線衝突事故の犯人は外国人で特定か!名前や顔画像と車種はティアナ!

男の子の身元は?

宇都宮線での列車事故の被害者となった10歳くらいの男の子。身元についてはまだ調査段階で明らかになっておりません。

 

現在の時点で分かっていることは

・身元が判明されるものを持っていなかった

・赤色のトレーナ―、黒色のジャージの長ズボン

・男の子ものと思われる靴

・所持金4000円を持っていた

ということです。

 

これまでにも小学生がはねられてしまったという悲惨な列車事故は起きております。2020年3月には愛知県で12歳の男の子が線路に進入してしまい事故が起きてしまいました。また2014年には鹿児島県で11歳の女の子が踏切に進入してしまい列車にはねられてしまっています。

 

しかしどちらの事故も、ランドセルであったり名前の書いてある持ち物など身元を証明するものを持っており身元が判明しております。今回の事故では男児の身元証明するものがないため、両親による捜索願いが出ていないと、男の子が誰なのか分かないままという可能性も出てくるということ。とても悲しい事故な上にこのような最後というのはツラすぎます。

 

身元が判明しました。詳細は下記に。

>>林武志くんの顔画像は?祖父母の家に行きたかった

家出による事故?自殺か?線路を歩いていた理由は

たった10歳ほどの年齢で生涯を終えてしまった男の子。この事故ではいろいろな謎を残したままです。そもそもなぜ小学生が一人で夜の9時近くにこの場所にいたのでしょうか。いまどきの小学生は塾で帰りが遅くなることもあります。しかしこの少年はカバンや勉強道具を持つこともなく、現金4000円だけを所持していたことから、塾帰りというのも当てはまりません。

 

また春休み期間中ということもあり、新学期に迎えたくない悩み事があった可能性もあります。学校に行きたくない…と両親には言えない悩みを持っていたのかもしれません。

 

電車の運転手は、「男の子が線路の上を電車の進行方向と同じ方向に向かって1人で歩いているのが見えた。後ろからぶつかってしまった」と話している。

運転手の証言で男の子は、電車の進行方向と同じ方向を歩いていたとあります。まだハッキリした年齢は判明しておりませんが、10歳にもなれば線路内を歩いては危険・いけないということは理解できている年齢です。

 

少年は線路沿いに歩いて誰かの元へ向かった可能性があり、そのため線路に侵入したのかもしれません。線路を歩いて行くことが近道だと、幼いながらに考え事故が起きてしまったのでしょうか。

両親はどうしていたのか

この事故の一番疑問に感じるのが、なぜ男の子が一人で線路上にいたのかということ。普通に考えれば両親はなぜ心配しないのかと思いますよね。いまどきの小学生であれば、夜間に一人で外出することはあるでしょう。しかしスマホを持たせたり何か連絡手段を持たせて外出をさせるはずです。

 

男の子は身元が判明するものを持っておらず、もちろんスマホもっていない状況でした。この様子から察するに、男の子の家では放任という名のネグレクトであった可能性もあります。現金4000円も食事代や生活費として渡されていたものでしょうか。

 

毒親なんだろうなぁ可哀想に

子どもは親を選ぶことができません。そのために多くの被害者を生んでおります。

>5歳児餓死事件の犯人「赤堀恵美子」の生い立ちがひどすぎた

【追記4/2】千葉県の家族から行方不明届が

新たな取材で、男の子は千葉県内の家族から行方不明届が出ていた少年・林武志くん10歳だと判明しました。

 

2021年4月に小学5年生に進級するはずだった男児で、千葉県市原市在住でした。家族が捜索願いを出しており、1日の夕方に自宅近くの駅から東京方面の電車に乗っている姿が防犯カメラに写っておりました。

 

林武志さん家族は3月31日に埼玉鴻巣市から千葉に引っ越してきたばかり。武志さんは引っ越したくなかったとも家族に話していたそうです。千葉から東京まで出てきた武志さん、埼玉の家に戻りたかったかのように線路を歩いてしまったのでしょうか。

>>林武志くんの家出の理由は母親?

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました