話題の有名人

ウォーリー木下のWikiプロフや経歴!パラリンピック開会式やハイキューの演出がスゴい

東京パラリンピック開会式の演出が誰だと話題ですが、演出したのはウォーリー木下さん。ストーリー性のあるプロジェクションマッピングや、個性豊かな演出にパラ開会式も高い評価を得ています。

ウォーリー木下さんは、ハイテクとアナログを融合させ、2.5次元舞台のハイキューやジャニーズの演出など多くの舞台演出を手掛けております。

 

そんなウォーリー木下さんについてプロフィールや経歴が知りたいですよね。

そこでこの記事では

  • ウォーリー木下のWikiプロフや経歴!
  • ウォーリー木下の演出作品がスゴイ!ハイキューからジャニーまで♪
  • パラリンピック開会式の評判

このような内容でまとめていきたいと思います。

 

 

ウォーリー木下のWikiプロフや経歴!

東京パラリンピックで演出を担当したウォーリー木下さん。

舞台に関わるものを常に面白く、手を抜いてはいけないと2.5次元舞台の演出にプロジェクションマッピングを駆使する話題の演出家です。

 

さっそくプロフィールや経歴をご紹介します!

ウォーリー木下のwiki風プロフィール

wally-kinoshita
画像出典:https://mainichi.jp/articles/20180314/ddl/k28/040/311000c

名前:ウォーリー木下
生年月日:1971年12月20日
いて座・戌年
出身地:東京都
血液型:O型
身長:178㎝
体重:75kg
最終学歴:神戸大学

 

学生時代に演劇の世界に足を踏み入れたウォーリー木下氏。もともと小説を読むのが好きで、物語を作り出すことに興味を持っていました。

 

演劇だけでなく音楽や映画、スポーツなど理屈抜きで観る人を感動させるものに憧れを持ち、人の心を揺さぶることを大事にされています。

ウォーリー木下の経歴

東京都出身のウォーリー木下さんですが、大学進学を機に関西へ。

神戸大学在学中に何のサークルに入るか迷っていたところ、ラジオ番組「オールナイト・ニッポン」のパーソナリティである鴻上尚史氏の名前が入ったビラに興味をもち演劇鑑賞をします。

 

この戯曲に一発で魅了されたウォーリー木下氏は、スタッフとして舞台美術や照明など制作に関わりました。その後、自分でも脚本を書きたく、在学中に「劇団☆世界一団」を結成。2004年には劇団☆世界一団を「sunday」に改称し、劇団の代表を務めながら全作品の作・演出を担当しているのです。

 

ウォーリー木下氏は、sunday以外の外部公演も多く手掛け

  • 「大阪ショートプレイフェスティバル」
  • 「PLAYPARK」
  • 「多摩1キロフェス」
  • 「ふじのくに せかい演劇祭『まちは劇場プロジェクト・ストレンジシード』」
  • 『W3(ワンダースリー)』

など舞台だけでなく、多くの演劇祭のプロデュースやプログラムディレクターも務められました。

 

また言葉を使わずに音楽や映像を取り入れたノンバーバルパフォーマンス集団「THE ORIGINAL TEMPO(オリジナルテンポ)」のプロデュースと演出も行いました。イギリスやドイツなど、海外の演劇フェスティバルに招かれ高い評価も得ています。

 

パラリンピック開会式の入場では、車いすユーザーの徳永啓太さんがDJ!

→→徳永啓太がかっこいい!パラリンピック開会式の車いすDJの経歴や入場曲は何?

ウォーリー木下の演出作品がスゴイ!ハイキューからジャニーまで♪

ウォーリー木下さんといえば、2.5次元舞台の演出家として名高い評価をあげています。中でも「ハイキュー」は、ハイパープロジェクション演劇として最新映像ギミックを駆使し原作内の試合を観戦しているかのような感覚の舞台になっています。

 

 

またウォーリー木下さんといえば、数々のアイドルグループの演出もされてきました。

2013年には 「東京パフォーマンスドール(TPD)」のライブと演劇を融合させたPLAY×LIVE『1×0』を演出。

 

ジャニーズの舞台演出も手掛けており

  • ミュージカル『リューン~風の魔法と滅びの剣~』なにわ男子/関西ジャニーズJr.藤原丈一郎と大橋和也のW主演
  • 「SHOW BOY」「年中無休!」「ダブル・トラブル」ふぉ~ゆ~
  • 「スケリグ」大東立樹(ジャニーズJr.)
  • 「スタンディングオベーション」SixTONESジェシー

 


2.5次元舞台からアイドルグループの演出舞台まで、映像と芝居の融合を楽しませてくれます。

 

ウォーリー木下氏について、一緒に作品を作ったふぉ~ゆ~の松崎さんは「役者としての引き出しが増え尊敬している」。福田さんは「役者の力を引きだしてくれながら、自分たちの提案を楽しんで受け入れてくれる」と演出家としても尊敬しているそう。

 

ウォーリー木下氏の舞台では、演者と裏方が一体になりより観客を楽しませるよう努められているんですね。

パラリンピック開会式の評判

東京パラリンピックの開会式では、ウォーリー木下さんが演出トップディレクターを担当。パラリンピックのストーリー性が見事にマッチした演出に非常に高い評価を得ています。

 


 

 

 

東京オリンピックの開会式が政治と癒着にまみれ残念な内容だっただけに、ウォーリー木下氏の演出のパラリンピック開会式がかなり高評価となりました。

 

一人一人の表現力を高め、個性豊かな演出がとても胸に響きましたね。

 

東京オリンピックでは外国人ボランティアが選手村に不正侵入!

→→イケメンドイツ人Yanapo(やなぽ)ドイツ空手オリンピック選手ではなくボランティア!コレコレ炎上まとめ

ウォーリー木下のプロフィールや経歴!パラリンピック開会式の演出まとめ

パラリンピックの開会式演出は、演出家のウォーリー木下氏でした。

 

ウォーリー木下氏は学生時代に劇団を立ち上げ、国内だけでなく海外からも評価の高い演出家です。

 

近年は2.5次元舞台の演出家としても話題で、プロジェクションマッピングと舞台を融合させ、よりリアルによりエンターテイメントに舞台を演出されています。

 

ハイキューやジャニーズ舞台の演出もして活躍されていますので、今後も応援していきたいですね。

 

パラリンピック開会式の入序曲が何か調査!

→→徳永啓太がかっこいい!パラリンピック開会式の車いすDJの経歴や入場曲まとめ

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました