韓国芸能

クハラ母親の顔画像!子供を捨て遺産相続を主張する毒母の身勝手な本性

2019年11月に元KARAメンバーのク・ハラが亡くなったというニュースは、私たちも驚きを隠せませんでした。さらにショッキングなのは、ハラの兄と母親が遺産を巡り裁判になったこと。ハラの母親は兄妹が幼い時に家を出て離婚。ハラは、成人しても母親の愛情に飢えていたことが日記でも分かっています。

 

ハラを捨て親権を放棄しながらも遺産を欲しがる毒母は、子どもは一人で生まれないからと自分の権利を主張。ハラの母親の顔画像や名前について、また身勝手な母親の行動を調べていきます。

 

 

ク・ハラ母親の顔画像や名前!離婚し親権放棄

元KARA・ハラちゃんの母親の名前は「ソン」。ハラちゃんは幼いころから両親の愛情を知らずに育っています。母の愛がまだまだ恋しいハラちゃんが9歳のときに、彼女を裏切るかのように母親は家を出てしましました。

 

いきなり母親がいなくなってしまったク家。父親はショックでその夜に自死を図ってしまうという、9歳のハラちゃんにとっては何ともショッキングな出来事で深い心の傷を負ってしまったのです。それでもその後は、父親は必死に生活するために土方仕事で全国を飛び回り、兄妹の世話は祖母や伯母にまかされていました。

 

2006年には両親は離婚。母親であるソン氏はハラちゃんやホイン氏の親権と養育権を放棄し、親子の縁は完全に切れたようなものでした。

 

guhara-mother
画像出典:https://www.fmkorea.com/2440684858

ハラちゃんの母親の画像が無いか調査してみたところ、ハラちゃんの子どものころに女性と写った写真がありました。入学式か卒業式かでしょうか。右端にハラちゃんが写っており、その左にはお兄さんのホイン氏が写っています。

 

ハラちゃんの兄弟は兄ホイン氏ひとりですが、母親が家出をしたあとは、親せきの家を転々としていたことで自分よりも幼いいとこたちの面倒を見ていたということです。残念ながらこの写真の女性は、母親ではなく当時お世話をしてくれていた伯母さんだと思われます。

 

 

他にハラちゃんの母親の画像が無いか調査してみたところ、ハラちゃんの母親自らが娘と一緒に撮った写真を公開していました。この写真が公開されたのは、ハラちゃんが亡くなってからの相続裁判が起きたあと。

 

ハラちゃんは成人するまで母親とコンタクトを取ることはなかったのですが、2017年に患ったうつ病の治療のために精神科医から母親と会ってみたらどうかと促されました。そこで母親の居場所を探し会いにいったのです。

 

GuHara

 


画像出典:https://www.edaily.co.kr/news/read?newsId=01134886625837800&mediaCodeNo=258

母親は一般人であること、ハラちゃんの遺産相続をめぐる裁判があったため顔にはモザイクがかかっていました。裁判の詳細はこちらの記事で→ハラちゃんの実兄と実母の骨肉の争い裁判の詳細!勝ったのは?

 

母ソン氏は自慢の娘が会いに来てくれた嬉しさから、ハラちゃんを抱きしめて喜びが隠せないようですが、ハラちゃんは何だか表情が曇ってみえ、かなりの温度差を感じます。やっと会えた母親に会えて嬉しいというよりも、むしろガッカリしたような感じです。

 

それもそのはず、実母は娘に久々に会えて嬉しいというよりも有名人の娘を自慢したいがために写真を撮ったり、親せきを呼び寄せたりとやりたい放題。そのため、ハラちゃんも母に会いに行かなければよかったと後悔をしたのです。

 

また別の写真では顔を寄せ合い、とても朗らかな表情をしたハラちゃんの写真を見つけました。

guhara-grandmother

とても優しい笑顔で心から安心している様子が伝わります。隣の女性は年配な様子なので母親なのかと詳しく調べてみたところ、こちらはどうやらハラちゃんやホイン氏を育ててくれた祖母でした。ハラちゃんは、おばあちゃんが大好きで深い絆で結ばれていました。

 

guhara-grandmother
画像:Instagram

兄ホイン氏のインスタグラムには、ハラちゃんと祖母と3人で写った写真を公開していました。幼い頃に母に見捨てられたハラちゃんを子犬ちゃんと呼び、愛情持って育ててきたおばあちゃん。ハラちゃんが本当の笑顔になれたのは、この3人と一緒のときだったのでしょう。

 

祖母から愛情深く育てられたハラちゃんですが、母親の愛に飢え母親を憎んでいたことも日記に綴っていたのです。

ハラが情緒不安定だったのは母親のせい

ファンの前ではいつも笑顔で明るく振る舞っていたハラちゃん。しかしハラちゃんはいつも心に大きな傷と病を抱えていました。2019年5月には元交際相手とのトラブルもあり、自宅で意識を失っているところをマネージャーに発見されました。幸いにも命に別状はなかったのですが、ハラちゃんのSNSでは自らの命を断つことを暗示させるかのような投稿が相次ぎました。

 

「苦しくても苦しくないふりをして、辛くないようにずっと我慢して生きてみると、表はしっかりするのに中身はめちゃくちゃに壊れているような気分」

「つらくてもつらくないふり、痛くても痛くないふり」

「たった一言の言葉で人を生かすことも殺すこともできる」

「あなたが愛する人生を生きなさい。あなたが生きる人生を愛しなさい」


画像出典:Instagram

 

そして2019年11月ハラちゃんは帰らぬ人となってしまいました。兄ホイン氏によればハラちゃんは、ニュースになった事件以外でも何度も自分で命を断とうとしていたそう。その原因となるものの一つに「母親へ渇望する愛情」と「母親への憎しみ」だと断言しています。

ハラちゃんの日記公開!愛への渇望と憎しみ

kuhara

幼い頃に家を出てしまった母親。しかし小学校、中学校と母親を必要とする機会はたくさんありました。そのたびに兄ホイン氏が変わって母の役割をするのですが、ハラちゃんの心の穴は少しずつ大きくなっていってしまったのでしょう。

 

友達をたくさん作ったり、愛する彼氏を見つけたり、念願だった歌手となりファンに愛されようと勤めたり、子どもの頃に母親に捨てられ傷付いた心を埋めようと必死でした。しかし埋まらない心の闇は日記にも綴られていました。

 

ク・ハラさんの死後、ホイン氏は妹の日記を公開しました。そこにはデビュー前から亡くなるまで書かれていた6冊の日記帳。それはハラちゃんの悲しみで、他の人には見せられなかった心の内をひっそりと書き残していたのです。

言うがまま、考えるがままに、

叶えて、実行される。

先に自分自身を保護しなければならず、

自分自身を知らなければならない。

いや、私のことは誰よりも敏感で、

怖いくらいよく知っている。

私自身のエネルギーを奪われることなく

いつも楽しく、ポジティブな考えで

なだめていこう。

お母さんに会いたい。

お母さんが恋しい。お母さんを感じたい。

いつも心の奥でのみ込み、

吐き出すことなく我慢していた。

誰よりも大切にしまっておきたい。

お母さんに会いたいと懇願する胸の内。しかし本当に母親に会いたいということではなく、母親の無償の愛に飢えていたことから憩いの場を与えてくれる母という存在を欲していたとされます。

 

「ママに捨てられた子という傷を持って育ってきた」
「そのせいか、愛されたいと欲し続けてたいた。」
「ファンにも愛され続けてたいたので、難しくしました。」
「私は愛されても大丈夫な人だろうか」
「オンマに会いたい」
「大丈夫、大丈夫」

 

日記の中では「私は愛されて大丈夫な人なのか?」という表現が多く使われ、自己肯定感が低くなっていた精神状態だったことが分かります。また「大丈夫、大丈夫」と自身を励ますようにポジティブになれる言葉を書き、納得できるよう暗示をかけているかのようです。

 


画像出典:https://kt.wowkorea.jp/news-read/52031.html

「私を生んだソン・○○」
「私が子供の頃から私を連れて歩きながら浮気して」
「捨てるんだったら、なぜ生んだの」

 

父のことはパパと書き示し存在を認めますが、母親のことは名前で呼び母親だとは思っていないという心理状態。ハラちゃんは自分にはお母さんがおらず、生んだ人という認識でいたと思われます。

 

自分の母親に捨てるならなぜ生んだのかと問いかける部分は、読んでいる方も胸が締め付けられる思いです。

自分勝手すぎる毒母の本性

guhara-mother

ハラちゃんの訃報に病院に駆け付けた兄や父たち。そこには母親であるソン氏も訪れたそうです。身元を確認する際に、関係者より絶対に遺体に触らないようにと注意されていた家族たち。しかしそれにも関わらず、布をめくられて顔がみえるや否やソン氏は一番にハラの顔に触れるよう飛び出したのです。

 

ホイン氏は怒りに震えながらも、ハラちゃんから実母を離したとのこと。さらにハラちゃんの葬儀では、いきなり母親ずらをするソン氏。20数年も放っておいたことなど無かったかのように。喪服を着て自分が喪主になると言ってきかない様子に、兄ホイン氏も大変に迷惑だったことでしょう。まさか親権を放棄した人が、喪主をするというなんて思いもしません。

 

さらに反対するホイン氏や父親の会話を勝手に録画する始末。きっと相続に有利になる証拠が欲しくて録画していたものと思われます。またハラちゃんの告別式とあり、多くの有名人が集まった斎場では、ソン氏は自分のスマホで芸能人と一緒に写真を撮ろうとする非常識ぶり。自分勝手にこどもを捨てた母親は、20年経っても何も変わっていない様子でした。

 

葬儀の2日後には、弁護士を雇いハラちゃんの持つ不動産会社へと派遣し、相続分の分配を求めてききたソン氏。2006年に正式に離婚し親権も放棄していますが、韓国の民法では独身の子どもの相続権は両親へ譲られることを知り、弁護士を送ってきたのです。

 

ソン氏の言い分は「子供は一人で生まれないから」という呆れた弁明。ハラちゃんが成人するまでのサポート義務を放棄したのにも関わらず、自分にはハラちゃんが残した財産をもらう権利があるというのです。

 

ホイン氏は妹の大事な財産が身勝手な母親の元に行くのに疑問を持ち、民法の改定を求めるよう動きます。ホイン氏は妹の名を取って「ク・ハラ法」と名付けましたが、詳細はこちらの記事にあります。→→クハラの遺産は?ク・ハラ法とは

 

ホイン氏のコメントに反論するかのように、ソン氏もテレビのインタビューに答えています。

 

自分への誹謗中傷が多くなったことでメディアのインタビューに応じたソン氏。これまで連絡があったが対応しなかったのは、ハラが望まないことだと言います。

 

子供を育てたかったが自分に事情があり、育てる状況ではなかったと反論します。しかしハラちゃんがうつ病の治療のために会いに行ったのですが、実は生母は近くに住んでいたということ。近くにいながら全く子どもの様子を気にするでもなく、またその後もまったく連絡をせずにいて電話の一本も寄こさないことに、ハラちゃんは心底ガッカリしたそうです。

 

さらに反論内容では夫から暴力を振るわれていたと言い、オンラインコミュニティに『家庭内不仲の原因はハラさんの父親のギャンブルと無能な経済力にある。実母が母親として生きていくことを食い止めたのは父親だった』などと父親を中傷するような内容も上がっていたと言います。

 

しかし父親はほとんど全国へ出稼ぎに出ており暴力もなく、中傷文も実母の姉妹が書いたものではないかと兄ホイン氏はコメントしています。弁護士を手配するように実母の姉から入れ知恵をもらい、親権を放棄したのにも関わらず、自分が娘の財産を受け取る権利があると主張する毒母。ハラちゃんが生まれ変われるのなら、次は温かい愛情を注いでくれる両親の元へと心底願います。

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました