アイドル

キンプリは海外進出が無理な6つの理由やできない原因!ビジュアルも楽曲もBTSに劣る?!

人気グループKing&Prince(キンプリ)のメンバー、平野紫耀・岸優太・神宮寺勇太の3人がグループ脱退と事務所退所を発表しました。

キンプリを離れる3人の脱退理由には「海外進出ができない」と、海外の活動をはじめとする目指す方向が異なったと発表しています。

 

しかし海外進出についてファンやSNS上では「キンプリは海外進出は無理」という声もあがっていました。

そこでこの記事では、キンプリは海外進出が無理な理由や海外進出ができなかった原因を深堀りしていきます。

 

 

キンプリはデビュー時から海外進出を視野に

 

2018年にデビューしたKing&Princeですが、 デビュー当時から「海外」を視野に入れた活動を目標としていました。

キンプリが所属するレーベルはユニバーサルミュージックなのですが、キンプリのCDデビューと同時に新レーベル「Johnnys’ Universe」が設立され第一弾アーティストとしてデビューしたのです。

 

デビュー記者会見ではユニバーサルミュージックグループの会長兼CEOのルシアン・グレンジ氏から

皆さんは近い将来に、アメリカへ来ると聞いています。そのときには直接お会いして、お話をしたり、音楽を聞いたりできることを楽しみにしています。ユニバーサルミュージックの経営陣と共に皆さんを歓迎させてください。アメリカ・ロサンゼルスでお会いできるのが楽しみです。
引用:https://thetv.jp/news/detail/134718/

というメッセージを受け取り、マスコミにも大々的に世界を見据えた活動を予告していたのです。

 

そのためキンプリには英語詞の楽曲も。

 

ほかにもアメリカ・ロサンゼルスへダンスやボーカルレッスン修行に出向いたり、キンプリの公式Twitterには英語表記でも投稿されていました。


キンプリメンバーも海外進出を目標に頑張っていたことが伺えますよね。

キンプリの海外進出が無理な6つの理由と原因!

2023年5月にはグループ脱退、そしてジャニーズ事務所退所を決めたKing&Princeのメンバーである平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さん。

ファンへのグループ脱退や事務所退所の理由には「海外進出が叶わない」ということを挙げていました。

 

しかし3人が海外進出と連呼するものの、世間では「キンプリが海外進出は無理」という声もあがっています。

キンプリに海外進出が無理と思わせる理由には以下の6つが原因となるようです。

  1. 海外進出に必要な英語力が足りない
  2. 海外で成功するダンスや歌唱力ではない
  3. 海外で見栄えする身長が足りない
  4. ジャニーさんとの約束にこだわりすぎた
  5. 事務所が海外進出を押していない
  6. 先にTravis japan(トラジャ)が海外デビューした

 

詳しくみていきましょう!

①海外進出に必要な英語力が足りない

海外で活躍するためには、まず第一に”英語”がネイティブでないと話しになりません。

King&Princeのメンバー、特に平野紫耀さんは天然おバカキャラでもあり英語が話せるイメージはありません。

 

また冠番組の「King & Princeる。」では日本語を禁止としたEnglish Cookingのコーナーで、独特な英語力を披露しお茶の間に笑いも届けています。

こんな英語力では海外進出は難しいと思えますよね。

 

とはいえ、キンプリメンバーも英語を話せるようにするために英会話レッスンに通ったり、岸優太さんは多忙な合間をぬって1週間の英会話留学もしていました。

メンバーたちも海外での活躍を目指し努力していたと思いますが、それでもまだ英語力が足りないと感じられるでしょう。

②海外で成功するダンスや歌唱力ではないから

海外で活躍するためには、歌唱力はもちろんダンスやパフォーマンスとトータルプロデュースが重要になります。

 

今では世界的大人気グループのBTSですが、デビューまでの下積みや売れるまでの道のりは平たんではありません。

 

ほかの海外でも活躍するグループを見ると、パフォーマンスのレベルの高さにも驚きます。

また彼らが睡眠時間を削り、歌やダンスの練習さらに英語や日本語など他言語を操ることでここまでの活躍を見せているのは言うまでもないでしょう。

 

キンプリのダンスや歌唱力も秀でるもののありますが、世界レベルとなると難しいと思う方も多くいます。

③海外で見栄えする身長が足りないから

King&Princeのメンバーはとても顔も綺麗でイケメン揃い。平野紫耀さんなんかは本当に王子様のようですよね。

 

そんなキンプリメンバーですが、世界で活躍するには背が低すぎるのでは・・・という声も。

 

キンプリメンバーの身長ですが

・神宮寺勇太・・175cm
・永瀬廉・・・・175cm
・髙橋 海人・・・174cm
・平野 紫耀・・・171cm
・岸 優太・・・・167cm

キンプリの平均身長は172.4㎝。

日本人男性にしてみれば背が高い方かもしれませんが、そこまで身長が高いわけではありません。

 

世界で活躍するBTSメンバーの身長は、

・RM・・・・・181cm
・ジン・・・・・179cm
・V (テテ)・・・・178.8cm
・ジョングク・・・178cm
・J-HOPE (ホビ)・・177cm
・SUGA (ユンギ)・・174cm
・ジミン・・・・・・174cm

BTSメンバーの平均身長は177センチです。

 

 

キンプリとの身長平均値は約5㎝も変わってきます。

 

身長が高くなればその分手足も長くなり、ダンスパフォーマンスにも大きく影響しますよね。

海外で成功する可能性を高めるためには高身長である方が有利とも思えます。

④ジャニーさんとの約束にこだわりすぎた

 

キンプリはジャニー喜多川さんが最後にデビューさせたグループ。平野紫耀さんはデビューが出来ないことでジャニーさんに直談判したというのは有名な話です。

 

ジャニーさんとキンプリメンバーは「海外でも活躍できるグループになる」と夢や約束を交わしていました。特に平野紫耀さんはジャニーさんに見初められジャニーズ事務所に入所したほどで、ジャニーさんとの約束を頑なに死守したかったことでしょう。

 

ジャニーさんと作った「King&Prince」で海外進出へ・・・という思いが強すぎたことで、事務所との掛け合いにすれ違いが起き海外進出が無理になってしまったのではないでしょうか。

➄事務所が海外進出を押していないから

 

そもそも仕事の調整をするジャニーズ事務所が、キンプリの海外進出を押していなかったら海外に出ることすら到底無理な話です。

 

デビュー当時は海外で活躍を目標にスタートしたことは確かなのですが、その後のキンプリの活動状況を見ていると海外を視野にしているとは思えません。

また事務所がキンプリの海外需要は無い、成功する見込みがないと判断した可能性もあります。

 

いくらキンプリメンバーが海外進出したいと言っても、ビジネスとして成功する見込みがなければ事務所も後押しはできませんよね。

 

またこれまでKing&Princeの公式Twitterでは英語表記があったものの、9月中旬からは英語でのツイートは無くなりました。

 

どれだけ海外に行きたくても事務所のサポートがなければ難しいでしょう。

⑥先にTravis japan(トラジャ)が海外デビューしたから

 

ジャニーズ事務所からアメリカ留学し、世界配信デビューもしたTravis Japan。

キンプリが海外進出を目標にしていたにも関わらず、後輩グループであるトラジャが先にアメリカデビューしてしまっては、事務所がキンプリを海外に売り込むことも難しいでしょう。

 

 

キンプリの海外人気は?ビジュアルも楽曲もBTSに劣る?!

 

海外進出を目標にしていたキンプリですが、実際に海外での人気はどうなのでしょうか?

 

中国にも多くのティアラがいるという証言とともに、中国でもキンプリ人気があるとのこと。

中国では平野紫耀さんが出演した「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」も一般公開されています。

日本ほどでなくてもキンプリ人気はあるようです。

 

また韓国でも人気があるため、グループ脱退と退所のニュースは驚かれています。


キンプリの公式Twitterにも英語、韓国語、中国語、色んな言語のコメントが付いています。

多くのティアラは世界中にいただけに平野紫耀さんと岸優太さん、神宮寺勇太さんの脱退や退所は辛いニュースですね。

 

こちらの記事も人気です↓↓

平野紫耀の脱退と退所理由は彼女と結婚?今後は海外進出で渡米の可能性も

 

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース
タイトルとURLをコピーしました