【福岡篠栗町】5歳児衰弱死事件

赤堀恵美子が虐待指示と暴行!ママ友を洗脳し奴隷化の手口【福岡5歳児餓死事件】

福岡県篠栗町のいわゆる「ママ友」の赤堀恵美子と碇利恵。しかしこのママ友の関係は普通ではあり得ない、かなりいびつな関係でした。碇利恵を離婚させ、児童手当や生活保護費といった碇りえの財産をむさぼる赤堀恵美子。

 

少しずつママ友を奴隷のように搾取・支配した赤堀恵美子の行いが暴かれ、ネットでも「ヤバすぎる」「おぞましすぎて怖い」「むごすぎる」と話題になっています。この記事では赤堀恵美子が碇利恵をどのようにマインドコントロールし、翔士郎ちゃんを餓死させてしまったのか、いきさつと赤堀美恵子の小賢しさを追っていきます。

追記しました。

 

赤堀恵美子のプロフィール


画像:TBS NEWS

名前:赤堀恵美子(あかほり えみこ)
年齢:48歳
職業:無職

家族構成:夫・子ども
住所:福岡県篠糟屋郡栗町

赤堀という名字は静岡県に多い名字なので、赤堀恵美子の夫も静岡出身なのかもしれません。家族構成は夫と子供が一人。

 

息を吸うようにウソをつき、騙すことにためらいもない性格は、彼女の容姿にもよく表れているようにも思えます。また良く言えばいつも堂々としている、態度の大きな様子で、自宅近所の弁当屋にはよくクレームを入れていたようで、店員も怖いと印象を受けていました。

 

また碇利恵の家によく訪れていたため、隣人も赤堀恵美子をよく見かけたそう。

朝早くから来ていて姉だと思っていた。いつも威張って指図していたように見える(隣人談)

関連記事⇒赤堀恵美子の旦那が首謀者か!巧妙な手立て

赤堀恵美子と碇利恵の出会い

2015年。赤堀恵美子と碇利恵は、福岡県篠栗町で同じ幼稚園に通わせるママ同士。いわゆるママ友として交流しはじめます。

 

赤堀恵美子と碇利恵の出会いは、2015年に碇利恵の子どもを通わせる幼稚園へ赤堀の子が転入したことがきっかけでした。

 

当初は複数のママ達とグループで行動をしていた二人。しかし赤堀恵美子は、たびたび悪びれずにウソの話を本当の話のように触れ回り、しだいに他のママ達は違和感を覚え、赤堀と距離を取り始めます。

 

赤堀恵美子は、その種の鼻が利くのでしょう。一人また一人と他のママ友が距離を置くなか、碇利恵にターゲットを定めます。また碇利恵も少なくなっていくママ友をよそに、赤堀と仲良くなり頻繁に家を行き来するほどになっていきます。

 

赤堀は「ママ友があなたの悪口を言っている」と他のママ友の噂を碇利恵に吹聴し、彼女の方から他のママ友と距離を置くよう仕向けはじめます。赤堀恵美子に関わりたくない他の保護者は、必然的に碇利恵とも距離ができ関係が浅くなっていってしまいました。

赤堀恵美子と交流が始まった碇利恵の性格を、幼稚園で一緒になった保護者はこう話していました。

碇さんはやんちゃでいつも笑顔の翔士郎君をにこにこ見つめていた。
参照:毎日新聞

 

子供たち3人とよく遊び、夫との仲も良さそうだった。それなのに赤堀(恵美子)容疑者と付き合いだしてから人が変わってしまった。参照:毎日新聞

 

碇利恵は、明るくとてもはきはきと話す元気な子だった…と高校時代の友人の証言もありました。赤堀恵美子は碇利恵を孤立させるために、少しずつ周囲との距離ができるよう仕組んだことは明らかでしょう。

利恵、あなたの夫が浮気している


画像:RKB毎日放送NEWS

少しずつ少しずつ碇利恵の懐に入り込み、私生活の相談や悩みを聞く赤堀恵美子。相談相手になるだけでなく、3人の子育てで忙しい彼女もサポートしたことでしょう。そうやって碇利恵が自分に依存を強めていったことを確認した赤堀は、次のステップに進みます。

 

碇利恵から周囲の友人を奪った赤堀は、碇利恵の夫もその毒牙にかけられます。

 

「利恵、あなたの旦那が浮気している…」

普通であれば、まさかと友人の言葉よりも自分の夫の潔癖を信じるでしょう。碇だって、いきなり子ども3人のシングルマザーになるのは不安です。

 

ここでも赤堀は言葉巧みに

「私が食事の面倒は見るから大丈夫」

「夫の浮気が理由なら、裁判をすれば絶対に金が取れる」

など、離婚しても大丈夫なこともアピールします。また碇利恵の場合は、元々そういった旦那の浮気疑惑があったのでしょう。赤堀のマインドコントロールの効果もあり、このウソを受けいれてしまいました。

 

何度もささやかれる赤堀のウソによって、碇利恵は2019年5月に離婚し子供3人のシングルマザーとなってしまいます。

現金搾取が始まる

この頃から赤堀恵美子は、碇利恵は何でも自分の思い通りになるとウソの名目で金銭を奪うことが始まります。

・浮気調査費を払わないといけない

・元夫の不倫相手に慰謝料を渡さないといけない

・ボスが浮気調査費を立て替えてくれているので払わないといけない

・夫を訴える裁判費用が必要

・あなたの子が○○に石を投げた、示談交渉するから金がいる

などという架空の請求や架空人物に取り立てられているとウソをつき、次々に碇利恵に請求し始めました。

 

碇利恵の児童手当や生活保護費、わずかな貯蓄までも搾取する赤堀美恵子。この金額は分かっているだけでも、およそ1000万円にも及ぶと捜査関係者はみています。多額の金銭を碇利恵から搾り取った赤堀。この使い道はブランド品の購入だったり大好きなパチンコ通いに充てられています。

 

翔士郎くんが亡くなってからもパチンコ通いを止めなかった赤堀美恵子。パチンコ狂は人生をも狂わせる金銭感覚に陥ることが多いのですが、赤堀の場合は碇というATMを持っているという安心感が依存を強めたのかもしれません。

 

ただ赤堀恵美子が碇利恵の現金搾取をしていたと、警察は捜査しておりますが、現在のところ「預かっていただけ」と容疑を否認しております。(碇利恵は容疑を認めています)

⇒⇒碇利恵が人生崩壊された理由!

金がないなら食事を減らせ

赤堀美恵子は碇利恵にありもしない金銭請求をし、また碇家の生活費の管理もするようになります。赤堀にお金事情を管理されてしまっていた碇は、自分で食料を買うお金もないほど困窮した状況に陥りました。

 

碇家の子供たちがお腹いっぱい食事をさせられない言い訳も、もちろん赤堀は考えております。

「子どもが太っていたら、夫との裁判で養育費や慰謝料が取れない」

 

そう言葉巧みに碇りえを言いくるめ、さらには「監視カメラで見張っている」「ボスが見ている」「言いつけを守れない子には食事を与えるな」と言葉で脅迫をしております。

 

とはいえ赤堀えみこは、困っている碇りえを無下にはしません。パンや米・お菓子といった食料をわずかに渡し、その食べ物で乗り切れと言わんばかりに2019年8月ころから食事量も指示し始めます。

お兄ちゃんには茶碗1杯、その下の弟は少し減らして、翔士郎くんはなし

 

時期によっては翔士郎くんには、水のみで生活させていたという供述もあり、指示していた赤堀恵美子の凶悪さ、そして正常な判断ができなかったとはいえ我が子を衰弱させていった碇利恵の2人の関係のいびつさがとても良く分かるエピソードです。

 

翔士郎くんが亡くなったときの体重は10.2キロ。5歳児の標準体重のおよそ半分ほどしかありませんでした。胃にもほとんど食べ物は残っておらず、胸腺が縮んでいる症状がみられたといいます。

 

【追記】

その後の碇は、赤堀に「子供たちに食べさせ過ぎてはいけない」「甘やかしてはいけない」と指示し、「ボスが監視カメラで見ている」と脅迫されたと供述しております。

5歳児にしつけと称し虐待示唆


画像:TBS NEWS

碇利恵は赤堀恵美子の指示を信じるしかない状況に追い込まれていました。碇の子どもの上の2人はすでに小学生ということで、事態の異常さに困惑しながらも赤堀えみこの言うことが絶対だと言うことを聞いていました。

 

しかし幼い翔士郎くんは、赤堀に反抗をしてしまいます。2019年なので翔士郎くんは3歳~4歳だったでしょう。激怒した赤堀は、直接自分で手を下さず、母親である碇利恵を叱責。すると碇利恵は翔士郎くんにしつけだと叩き、押し入れに閉じ込めてしまうという虐待行為をしてしまうのです。

 

赤堀恵美子が直接手を出したわけではありません。しかしこの小賢しさが赤堀恵美子の性格をより浮き彫りにしています。

追記:碇には虐待をしていた

赤堀は自分が直接手を下してはいませんが、たびたび碇を罰と称して虐待行為を行っています。例えば、子どもたちにやさしく笑いかけようとすれば「子供に笑いかけるな」と怒鳴り、罰として外で長時間立ちっぱなしにさせたり、寝ないよう指示をしていました。

 

パワハラに虐待、赤堀恵美子が碇利恵に行ったマインドコントロールの手口は本当に残酷で普通の人には理解しきれないことばかりです。

関連記事⇒⇒赤堀恵美子の生い立ちが詐欺師へと変貌!

たびたびの児相の面会を邪魔する

碇利恵の子どもたちが通う幼稚園・小学校は、子供たちの様子が明らかにやせ細り、おかしなことに気付き虐待や育児放棄を疑って児童相談所に連絡をいれております。

 

そのため相談を受けた町の機関は、2019年9月から16回に渡り家庭訪問を行い、翔士郎くんに面会を求めています。しかし面会のたびに赤堀恵美子に妨害を受けた児童相談所の係員。

 

・碇利恵と話しをしていると間に入ってきて、勝手に話を遮る

・なぜ来たのかと恫喝めいた口調で話される

・母親は対人恐怖症だ

など様々な言い訳で、碇利恵と園や町職員の面会を遠ざける行為を行いました。碇利恵の子どもたちの虐待が明らかになってはいけない、と赤堀恵美子の独断で邪魔をしました。この影響で翔士郎くんの衰弱がより深刻化していってしまいます。

幼稚園の退園を指示

碇利恵の逮捕後、彼女は「職員に(翔士郎くんの)虐待を疑われるのが嫌で辞めさせた。知人の女に退園を勧められた」と供述しています。

 

すでに何度もあった児童相談所からの面会や、幼稚園からの連絡を受けていた碇利恵に、赤堀恵美子は碇に翔士郎くんを保育園に移したいからと言い訳をさせ幼稚園を止めさせるよう指示します。

 

もちろん目的は翔士郎くんの体重減少や虐待を隠すため。2020年1月に翔士郎くんは幼稚園を退園します。赤堀恵美子は、自分が碇家の財政を困窮させ、家族4人をやせ細らせた上に、一番幼い当時5歳の翔士郎くんの命まで奪っております。

 

しかし赤堀恵美子のように、先の見えない心の不安の隙間に付け入る人種は、あなたの周りにも多くいますのでお気を付けください。。

関連記事⇒⇒福岡5歳児餓死事件の時系列や経緯まとめ

 

こちらの記事はまだ足りない情報がありますので、新たな情報が入り次第追記していきます。また他の情報もご存知の方がいましたら、ぜひ情報提供をよろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました