旭川凍死いじめ事件

旭川いじめ廣瀬爽彩さんの中学担任を特定!いじめ隠ぺい体質は過去から変わらず

北海道旭川市で14歳の少女が凍死して亡くなっていた事件。廣瀬爽彩(ひろせさあや)さんは、中学入学時からひどいいじめにあっていました。明らかに様子がおかしいことで、母親は爽彩さんの担任に相談しますが全然取り合ってくれませんでした。

 

旭川市で起きた凄惨ないじめ事件の被害者・廣瀬さあやさんの中学担任や校長について調べていきます。調査の結果、いじめを隠ぺいする体質は旭川市の沁みついた悪習だということが分かりました。追記あります!

 

 

 

廣瀬爽彩さんの担任女性を特定か

廣瀬爽彩さんがいじめを受け始めたのは、中学を入学してすぐの2019年4月からでした。5月に入ると爽彩さんはお母さんに「ママ、しにたい…」と心の声が出てしまったほど。母親から見ても、仲の良い親族から見ても爽彩さんの表情が変わり、笑顔が消えていってしまったのです。

 

廣瀬爽彩さんの最初の中学校は「旭川市立北星中学校」と特定されております。中学の特定理由について詳しくは「廣瀬爽彩さん(旭川いじめ)の中学校やたまり場公園を特定!」をご覧ください。

 

中学に入学してから笑顔が無くなっていく愛娘の爽彩さん。いじめにあっているのでは…と爽彩さんの母親が心配するのもごく当たり前のこと。そこで爽彩さんの母親は「4月に1回」「5月2回」「6月に1回」と中学の担任の先生に、いじめがないかと相談をします。

 

しかし担任から返ってきた返事は

『あの子たち(A子ら)はおバカだからイジメなどないですよ』

『今日は彼氏とデートなので、相談は明日でもいいですか?』

と母親の心配を無下にし、全く取り合ってくれませんでした。

 

爽彩さんの母親の不安を全然フォローすることなく、厄介事にはかまいたくないといじめを見て見ぬふりをした担任教師が誰なのか気になります。”彼氏とデート”という表現をしているところから、男性ではなく女性教師だという風に絞ることができます。

 

学校情報教育サイト(https://www.gaccom.jp/)によると、北星中学校の教員は全部で20名です。そのうち女性教員はたった4名でした。廣瀬爽彩さんの担任もこのうちの一人だと思われます。

 

またさらに北星中学校について調べていくと、北星中学校に通っており爽彩さんと同じクラスだったという子のLINEスクショを紹介している人がいました。


出典画像:Twitter

文春オンラインで、旭川凍死いじめ事件を知った人の子供が爽彩さんと同級生でした。そこでLINEではツイ主さんは友人に同じクラスだったことや担任の先生の名前を聞いております。ツイ主さんによると左は家族との会話。右は友人との会話だそう。

 

ツイ主家族:北星でイジメられてたんだって
○○と同じクラスだったって
加害者は住吉に住んでて親は公務員って自衛隊かな?
ネトパトで犯人の実名見つけてー

ツイ主:え?なにこれ
○○のクラスメイトがしんだの?
この子この間コンビニでポスター貼ってあったのみたわ!!!
しんでたんだ

ツイ主家族:ヒドいよね
実名知りたい

ツイ主:○○の担任て女?

同級生の親:男だよ~
1,2年の時は菅○っていう女の先生だったわ

ツイ主:今ニュースになってる子って○○と同じクラスだったんでしょ?
文春オンライン記事
この子

同級生の親:うん
昨日○○ともLINEで話してたんよ。

ツイ主:じゃあ菅○って女が彼氏とデートだって言って相談断ったんだね

ツイ主さんはなりすまし疑惑が出たため、疑いを払うために北星中卒アルの写真もアップしております。

さきほどのツイ主の友人の子は爽彩さんと同級生ですが、お姉さんがおり2019年3月に北星中を卒業しております。そのときの卒業アルバムには、爽彩さんの担任と思われる”菅○先生”は写っておりませんでした。2019年に爽彩さんのクラスの担任であったのなら、2019年4月に別の学校から異動してきたのか、または新任として北星中学校に採用されたのかもしれません。

(※ただこの卒業アルバム内には、A子の写真が載っているはずです。爽彩さんの2コ上のため。ぜひ中を見てみたい)主犯のA子の特定はこちら→廣瀬爽彩さん(旭川いじめ)の加害者の名前を特定

 

北星中学校の卒業アルバムを持っており、こちらのLINE内容に信憑性がありながらも、誤情報という可能性がありますのでご注意ください。

 

また地元の情報サイトでは、下記のように旭川いじめ事件に関わった加害者などの特定があがっておりました。

 

デート先生こと菅○○里

 

北星中学校の菅○○里先生を探してみると、合唱連盟に登録してありました。

 

 

菅○○里先生は北星中学校の合唱部をされているとのこと。北星中学校のHPでは、令和2年度より新入生は合唱部に入部できないという記載がありました。彼氏とのデートを優先しすぎて部活をおろそかにしちゃったのかと想像させられます。

嘘つき菅○先生

爽彩さんがいじめを受け、心配した母親は何度も学校に連絡をしいじめ対策を申し出ました。しかしイジメを訴えた日の午後や翌日に担任の先生から「仲のいいお友達です」という折り返しの電話がかかってきたと言います。

 

いじめ調査というのは数分で済むものなのでしょうか?同じように廣瀬さあやさんのお母さんも感じたようで、解答を出す早さにきちんと他の生徒や先生方から検分できているのか不安になり不信感へとつながりました。

 

さらに爽彩さんは、自分からも菅○先生にいじめの相談をします。その際には「絶対に相手に言わないで欲しい」と懇願。12歳の少女が勇気をもって、大人に相談し必死に救いを求めたのです。しかし担任教師は、あっさりと加害者たちに事実確認し解決を求めました。

 

爽彩さんの気持ちなどまるで無視した、無神経な女性教師。この出来事で爽彩さんも二度と会いたくないとより教師や学校に対する不信感を抱いてしまったのでした。

 

担任教師は事件後の週刊誌の取材にも、一貫して「学校のことは個人情報だから話すことはできない」という言葉を述べるのみ。爽彩さんへのお悔やみを問われても、自分から話すことなど何もないと口を閉ざしておりました。マスク越しでも分かる苦笑いの表情には、この事件に関することは曖昧にしておきたいという気持ちが見え隠れします。爽彩さんのいじめに関して、自分の過ちは認めたくないのでしょうか。

【北星中学校】いじめ関与の校長は退職

次に北星中学校の校長先生を調査していきます。北星中学校の校長先生の人事異動を調べてみました。北海道上川管内の中学校教諭の人事異動をまとめたサイトに、2020年3月25日付まとめに旭川市立北星中学校の校長異動がありました。

 

 

2020年4月より北星中学校の校長となったのが「森○聖吾」校長です。同じ旭川市内にある神居東中学校より赴任されました。そのため2019年にあった爽彩さんのいじめ事件には関わっておりません。

 

ではいじめ事件に関与している、北星中学校の前校長は誰だったのか調べたところ、

 

 

金○圭一先生だと言うことが判明しました。金○元校長先生は2020年3月をもって退職されております。そのため森○先生が異動されてきております。

 

爽彩さんのいじめがあったときに、担任だった菅○○里先生は、どこまでこの金○圭一元校長に話していたのでしょうか。もしかしたら自分の評価が下がることを恐れた菅○○里先生が、いじめを隠し嘘をついて廣瀬爽彩さんが転校したことにしていたかもしれません。

 

または、隠ぺい体質旭川の教育指導者たちは、学校内では爽彩さんのいじめが無かったとし、元校長たちはいじめと爽彩さんの転校には関与がなかったとしたかったのかもしれません。

 

新たに校長となった森○聖吾先生には、生徒と向き合っていじめのない学校作りを目指して欲しいものです。

→→旭川いじめ事件の時系列を詳しくまとめた記事はこちら!

追記:元校長いじめはなかったと反論

週刊文春は爽彩さんが学校に在籍していたときの元校長に取材を行っています。そこで元校長が明らかにしたことは「いじめは無かった」という非情にも思える回答。元校長はあくまでも、爽彩さんの家庭に問題があったのではないかとコメントしております。

 

あくまでも爽彩さんと加害者間のトラブル。学校は2度と起きないよう”指導”をしたと言い張ります。爽彩さんに公園で自○行為を強要したことで、ウッペツ川に飛び込み入院に至ったのは、ただの双方間のトラブルであり、いじめには至っていないと反論しています。

 

さらに自○行為を強要するような問題も加害者生徒の一つの失敗経験であり、そうやって子供は成長していくものだと持論を述べています。そのため元校長は、今回爽彩さんの自○行為強要や動画拡散の件と亡くなったこととは関係がなかったとコメント。

 

警察が犯罪行為であると認めていても、イジメでは無かったと言いきる元校長・金○○一氏。どのような行為がいじめとあたるのか教えて欲しいものです。

追記:教頭は加害者にも未来があり学校の責任はないと反論

ウッペツ川に飛び込み入院した爽彩さんですが、母親もまた娘がいじめを受けていたショックが隠せず体調に響いてしまったほど。心労も重なり体調不良となった中にも、北星中学校側との話し合いの場に出ざるおえませんでした。

 

というのも、代理人として弁護士が出席することも同席することも認めない学校側。したかなく一人で話し合いに参加すると、教頭から『わいせつ画像の拡散は、校内で起きたことではないので学校としては責任は負えない』『加害生徒にも未来がある』といった、加害者へ味方をする意見を告げたのです。

 

さらにこの教頭は「退院後も学校に戻っておいで」と爽彩さんの立場や気持ちを全く考えない言葉をかけております。ただ教頭の立場として、爽彩さんがいじめが原因で北星中学校から転校したという形を残したくなかっただけでしょう。上辺だけ被害者に寄り添った形が明らかです。

 

また爽彩さんの母親は、当初は学校を信頼し警察よりも先に相談を行っていました。その際に爽彩さんのイジメの証拠にもなりうるわいせつ強要の画像を教頭に見せています。教頭はスマホのカメラ機能でLINEメッセージや画像などを全て撮って証拠として保存したとのこと。

 

それなのにイジメではなかったと結論を出したことに疑問が持たれます。教頭はこれらの画像をどうしてしまったのでしょうか。今でも大事にスマホに保管しているのでしょうか。

追記:4/26中学校で臨時保護者会が開催

 

旭川14歳イジメ事件が国会審議にもあげられましたが、同日26日には、爽彩さんが最初に通っていた旭川市立北星中学校で臨時保護者会が開催されました。

 

教員らによる在校生名簿とその保護者との照合をしながら、厳戒態勢の下で行われた保護者会。そこにはパトカーも警戒にあたり、不測の事態に備えるほどの徹底ぶりでした。保護者100名も集まった臨時保護者会では、北星中学校長や教頭はもちろん全教員や教育委員会のカウンセラーも出席しています。

 

現在の校長・森○聖吾校長は何度も頭を下げ、今後のいじめ問題の措置に関しての説明をされました。しかし、当時爽彩さんのいじめ対応を行った教頭や担任は原稿を書いて読んだだけのような同様の言葉を述べるだけで、全く言葉を発しなかったとのこと。

 

「本校に在籍していた生徒が亡くなったことに関しまして、心から残念であり、言葉になりません。ご冥福をお祈り申し上げます。また、ご遺族の方にはお悔やみを申し上げます。本校生徒の保護者の皆さんにご心配、ご不安な思いをさせておりますことに、お詫び申し上げます。報道に関する部分につきましては、今後予定させていただいている第三者委員会において、誠心誠意対応させていただきます。今、私ができることですが、保護者の皆様にできることに一生懸命努力していきたいと考えています。よろしくお願いいたします」引用:文春オンライン

 

その後に行われた質疑応答でも現校長が回答するだけで、爽彩さんの担任だった女性教師への質問が浴びせられてもうつむき何も話しませんでした。陳謝するのは、当時の状況を何も知らない校長のみで、教頭や女性担任は頭を下げることはありませんでした。

元校長は報道誌の内容を徹底否定していた!

前述で「メディアあさひかわ」により、北星中学校でのいじめ事件が告発されたことをご紹介しました。しかし当時、北星中学校の元校長は『ありもしないこと』と保護者へプリントを配布しイジメは無いと否定していたことが判明しました。

 

記事は事実では無いという内容を記載したプリントを発行したのは、北星中学校・元校長。

『地元情報誌に本校に関わる記事が掲載されました。ありもしないことを書かれたうえ、謂れのない誹謗中傷をされ驚きと悔しさを禁じ得ません』

このように、学校長の悔しさを交えての内容だったと言います。

 

前述しましたが北星中学校・元校長は、爽彩さんが性的被害にあっていたこともウッペツ川に飛び込んだことも、イジメではなく爽彩さんと加害者間のトラブルだと言い切っていた人物。そのため、メディアあさひに名指しで記事にされたことは、非情に悔しい思いだったのでしょう。

 

このプリントは爽彩さんが転校した後で配布されたため、遺族の方は知りませんでした。ここまでしてイジメではなかったと言い張りたい学校側の隠ぺい体質に遺族も辟易しているはずです。

20年前から何も変わらない旭川教師の隠ぺい体質

廣瀬爽彩さんが、旭川市内にある公園で悲惨な性的いじめにあっていた事件。廣瀬爽彩さんの母親は、娘の様子がおかしく学校に相談するも、担任の先生は軽くあしらい全く解決の道には向かいませんでした。結局、廣瀬さん親子は、いじめが原因で引っ越しをせざる得なくまた転校もしております。

 

このような教師がいじめを分かっておりながら見て見ぬふりをする、隠ぺいするという体質は、旭川市では20年以上も前から悪しき習慣として残っているのです。今回の中学生また小学生による凄惨ないじめ事件を聞いて、とても気分が悪くなりませんでしたか?

 

しかしこれに相当する、またこれ以上とも言われるいじめが旭川市内の中学校でありました。その事件が「旭川女子中学生集団暴行事件」

 

1996年に起こった旭川女子中学生集団暴行事件は、当時中学一年生だった複数の男子生徒たちがクラスのマドンナ的存在の女子をいじめ、暴行や強○したという恐ろしい事件です。同級生であるひとりの女の子を、ときには数十人にわたる男子がおそったというのですから、胸くそを通り越して怒りに手が震えてしまうような事件でした。

 

被害者の女子生徒は事件の初期のころから、加害者JCたちに性的ないじりやからかわれることが嫌で両親に相談をしています。親の無視しなさい、という言いつけを最初は守りますが、被害はどんどんエスカレート。からかいを通り過ぎいじめになってきました。

 

耐えきれなかった被害者女子中学生は、再度両親に相談をします。そして担任にも相談し、対策を取ってもらおうとしますが「事実確認ができていないため対応が困難」とほとんど対応せずに終わりました。

 

その後も何度も何度も両親は学校へ訴えるも、担任教師も加害者の男子生徒を軽く注意して終わりというおそまつなもの。怒られないことに味をしめたのか、加害者男子生徒たちはよりエスカレートしたいじめを行うようになっていきます。

 

いじめは入学当初から起こっており、中学3年になるまで続きました。3年生になったころには、男子児童の加害者10人によるわ○せつな行為を学校トイレで行うという卑劣なことが。

 

女の子は嫌がっており、男子10人で取り囲んで両脇を掴まえてトイレに引きずり込んでいく。女の子は助けてって叫んでいるんだけど、先生も知らないふりでした。(当時の同級生談)

被害者は男子トイレに連れ込まれ、帰ってきませんでした。

 

さらに別の日には、

昼休みとか毎日のように他所のクラスからも男子が来て、女の子を連れていきます。でも先生も分かってても見ていないふりをしてましたね(当時の同級生談)

 

女子生徒が放課後の教室で2人の男子生徒にわ○せつな行為をされていたとき、男子教師が立ち入った。だけど、止めることはなく立ち去っている。(当時の同級生談)

 

女子生徒が特別活動室に連れ込まれようとしたとき、そこに居た女性教師に「助けて」と叫んだ。でも、この教師は男子生徒たちに「帰れ」と怒鳴られ、助けを求める女子生徒の声を無視し立ち去ってしまいました。(当時の同級生談)

 

脅されていじめを見てみぬふ、また一緒にやってしまった同級生たちが、事件発覚後にしたコメントです。加害者の男子生徒たちは不良グループでした。しかも親はヤ○ザや反○系の建築会社社長ということで、その息子たちがいたため教師も手が出せない状況でした。

 

しかし女子中学生が大人数の男子生徒たちに暴行をされているのを知っていた担任。先生という立場でありながら面倒事をいやがり自己保身丸出しにして、いじめを隠ぺいしようとしたことは言うまでもありません。

 

この事件でも被害者は、再三にわたり担任や学校にいじめを訴えてきました。しかし加害者男子生徒たちからの報復を恐れて、見ざる聞かざる言わざるという三猿になってしまった教師たち。今回の旭川いじめ事件を受けて、旭川市教育委員ではこのような隠ぺい体質が、いまだに根強く残っていることが感じられます。

 

また加害者である男子生徒たちは、2021年で40歳となる年齢。年齢的に今回の旭川14歳凍死いじめ事件の保護者であってもおかしくありません。文春による加害者の親のコメントは、反省の色を全く感じさせないような人物。精神的におかしなこの男子生徒たちとダブらせてしまいます。もしかしたら加害者にいるのかもしれません。

>>【旭川いじめ】加害者も保護者も反省なし「自分たちだけ見つかって悔しい」と反論!

この記事はまだ不足している情報がありますので、もし他の情報もご存知の方がいましたら、ぜひコメント欄に情報提供をよろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

  1. あさひかわ より:

    またこの男子生徒たちは、2021年で40歳となっています。

    いつの時代の事件なのか

  2. 満鉄 より:

    旭川の人は知らないと思いますが統計的に敬遠されています。
    たとえばうちの近所にアップ某という不動産仲介をしている旭川出身のギャル男系経営者は営業車を店舗前路上に数台止め地域の住人が車庫から出すのに迷惑、警察が指導しても改善せず、かれこれ5年くらい経つんでしょうか。法律違反を堂々とするのが旭川なんでしょう。

  3. 加害者保護と放置がすごい より:

    あさひかわさん

    >またこの男子生徒たちは、2021年で40歳となっています。

    >いつの時代の事件なのか

    本題である廣瀬さんの件とは別のいじめ事件が1996年にあってその男子生徒たちのことですね。

    教育委員会、警察、地域の人々の隠蔽とコロナにより記者が大っぴらに取材に行けないってのもあってほぼ放置されてて、逆にTwitterや爆サイで誤情報も含めて盛り上がっているってことなんですかね。

  4. たまちゃん より:

    ここまで頭が悪くて性根の腐った人間がたくさん集うなんて信じられない。

    担任は社会的抹殺でも足りない。

    加害者にはいつか必ず自分や自分の大切な人に災いとなって返ってくる。
    それは間違いない。

    爽彩さん、ご両親の気持ちを想うと辛くて苦しくてたまりません。
    爽彩さんのご冥福をお祈りいたします。

  5. a より:

    いじめ解決によって、教師に特別手当をつけたほうがいい。
    「いじめを起こさない」ことを評価するのではだめで、いじめは起きうると諦める

  6. 必殺仕事人 現るか? より:

    このようなご時世、裁かれない理不尽、自分の子がそうなったら・・・

    だから、必殺仕事人が、どこかで動き出す予感 

    人知れず処分され、身元不明どざえもんが発見されても・・・

    「やっぱりね。そうなると思ったわ。それだけ、外道をした報いじゃない?」・・・
    のコメントで幕下ろすかも。

  7. 終わってるね より:

    この事件、いじめでの自殺から
    今では他殺説も出ているね。
    何故、数メートルも雪が積もっている公園の、雪に埋もれた土管の中に何も持たず軽装の彼女が入れたのか?と地元の人達も疑問があるとか。

  8. かぶ より:

    この元担任ブッサイクなツラして何がデートだマジムカつくな。ひょっとこみたいなツラしてよ

  9. リック より:

    昨今のガキらの頭のイカれは胸糞悪い。
    人の尊厳を平気で踏みにじる。
    こんなガキが将来、家庭を持ち子供を育てる…又、サイコパスを育む。
    殴り倒してやりたい。

  10. A.N より:

    いじめ自殺ではなく、殺人では?自宅から10㎞も離れた公園に氷点下に歩いて移動が有り得な

    い。履物も無かったとか、チャンと捜査してるのだろうか?こんなにも酷い事件なのにほぼ報道

    されない。上手く隠蔽されてる。教員 委員会 反社も関わってるとか、加害者の親が教員や教

    委にいるとか、C 男の親は自衛隊隊長だとか、警察も反社と繋がってるとか、旭川凶悪殺人事件

    じゃないの?埋もれさせてはいけない事件!

  11. 無法地帯 より:

    現場からリュックや長靴が無いなどからまず自殺ではない。爽彩さんを土管に入れ雪をかけて隠し殺したのは土崎兄弟でしょう。そして学校、教育委員会が隠蔽しなければならない理由は、教員達が児童買春の弱みを旭〇会に握られているからでしょう。特に炉利教頭は以前の赴任していた中学校でも女子生徒のお尻を触るなどセクハラ三昧で風俗通いも有名だったそうで。現場周辺では過去にも絞殺や不審死があり、1996年の旭川女子中学生暴行事件も今回も無関係ではないでしょうね。何故マスコミが表立って報道出来ないかは恐らく背後で創価学会が大津の事件同様に加害者側を庇っているのでしょうね。そして何故か在日系の性犯罪は黙認されてるようです。被害者はまだまだ居て今後も出る可能性がある。母子家庭で娘さんを持つ方々は要注意です。

タイトルとURLをコピーしました