話題のTV・ドラマ・映画

コクリコ坂からその後は結婚?ふたりはどうなる?原作の違いや相関図も調査!

宮崎吾郎監督作品の「コクリコ坂から」は、1960年代の高校生同志の淡い恋物語。

主人公・海は、同じ学校に通う俊と校内にあるカルチェラタン取り壊し反対運動をきっかけに二人は互いに惹かれ合うのですが…

と、ここで「コクリコ坂から」を見た後にどうしても気になってしまう『ふたりのその後』は結婚するの?どうなるのかということ!?

 

そこでこの記事では

  • コクリコ坂からその後は結婚?ふたりはどうなる?原作漫画の違い
  • コクリコ坂からの俊は誰の子?親子相関図
  • コクリコ坂からの海と俊は結婚できる?法律上はどうなの?

といった「コクリコ坂から」の結末その後を考察していきたいと思います。

コクリコ坂からその後は結婚?ふたりはどうなる?原作漫画の違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Typing…(@____pporappippam____)がシェアした投稿

1963年、翌年には東京オリンピックを迎えようとしている横浜が舞台の「コクリコ坂から」ですが、映画を視聴し終わったときに

『結局、その後ふたりはどうなるの?』と気になりませんでしたか?

私はめっちゃ気になりましたww

映画版の「コクリコ坂から」では、俊の父親と海の父親の親友・小野寺と会い、真実を二人は知ることになり、そこで二人は兄弟ではない…という事実が分かり、タグボードに乗り込み小野寺が乗る船を見送っていると、コクリコ荘では航海の安全を祈るための信号旗がはためいていた…というラストでした。

 

映画のなかでは、ふたりのその後は描かれておりません!

コクリコ坂の脚本担当を宮崎駿さんと一緒にされた丹羽圭子さんのコメントでは、

シナリオにはその後は描かれておらず、これからも海はお父さんのために旗をあげながら、俊と一緒に前を向いて歩んでいくだろう

という事でした。

 

やはり具体的に海と風間の『ふたりが付き合う』とか『結婚』といった明言はされません。

見た人の想像にお任せします…という意味も含まれていると思います。

 

そして映画版『コクリコ坂から』は、原作となった漫画版「コクリコ坂から」があるんです。

漫画版ではどんな感じなのか、ラストで何か違いがあるのか、調べてみたところ原作と映画版はほとんど似ても似つかない展開になっています!

 

以下に主な違いをあげてみました。(以下は漫画版「コクリコ坂から」の設定です)

  • 1980年代
  • カルチェラタンは出てこない
  • コクリコ荘の北斗さんが男性
  • 海は北斗さんに憧れている
  • 海は気の強いはねっかえり娘
  • 俊の性格はおおざっぱで不真面目

かなり大胆に映画版では原作から脚本を変えております。

風間俊は賭け麻雀に手を出しており、その借金から学生運動を起こすというなかなかの人物。

 

海もコクリコ荘を手伝いはしますが、毎日めざしを提供し祖母を呆れさせるという大担な性格の持ち主。

 

とはいえ、海と俊が惹かれ合うが兄弟かもしれないという設定は同じです。

もし原作版の「コクリコ坂から」を読んでみたい人はこちらに↓ ↓

コクリコ坂からの俊は誰の子?人物相関図

 

この投稿をInstagramで見る

 

ケロリン❣️(@kimagureiisa)がシェアした投稿

何回も見てるのに風間俊が誰の子なのかやっぱり謎!!

と頭を抱えていませんか?

俊のお義父さんも意味深な言い方なのよねー

そこで簡単な相関図をご確認ください!

海の父・澤村は親友・立花の子である俊が両親も親せきも無くし、一人ぼっちであることで施設に入れられてしまうと懸念し、自宅に連れてきました。

そのときすでに澤村は俊を息子として育てるつもりだったので、役所にも届け出を出してしまいます。

 

しかしすでに海を妊娠中の母・良子は、引き取りたくても経済的にも体力的にも余裕のない状況。

 

そこでもう一人の親友である小野寺に相談したところ、同じ船員仲間である風間は子どもを失くしたばかりでぜひに…と俊を引き取ったのです。

そこで俊は風間家に養子となりました。

 

この事実を海と俊は、立花と澤村のもう一人の親友・小野寺によって聞くことができます。

という、俊の生い立ちだったんですね。

 

時代は朝鮮戦争後の1960年代ということで、まだまだ不十分な医療施設によって子供を産むことが大変な時代、そして戦争によって親を亡くす子が多い時代だったので、俊のような生い立ちの子は少なくなかったと思います。

 

でも海と俊が異母兄弟では無かった!

という事実にホッとしますよね。

コクリコ坂からの海と俊は結婚できる?法律上はどうなのか考察!

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨(@kinakomochi01_monaka)がシェアした投稿

やはりコクリコ坂からのファンとしては、海と俊が結婚して…というハッピーエンド展開を期待したい部分もありますよね。

でも実際に法律上はどうなんでしょう?

 

まず海と俊が異母兄弟では無かった、というのは判明されました。

しかし『戸籍上』の血のつながらない兄弟ではあります。

海のお父さん澤村雄一郎が戸籍が宙ぶらりんの状態だった俊を連れ帰る前に、役所に行ってしまったようなので。

 

結論からいえば、血縁関係がなければ義兄妹でも結婚はできるようです。

 

民法第七百三十四条には

直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。但し、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。

という条文があります。

 

また生まれて間もない他人の子を自分の嫡出子として、虚偽の出生届を提出して子供を育てる行為を「藁の上からの養子」と呼ばれ、親子関係の解消を求め戸籍の訂正を申請することができます。

 

映画のラストシーンでは、旗を見上げるふたりは上を向き未来へと歩いて行こうという決意がみえますよね。

まだ高校生の二人ですが、惹かれ合う心のままに障害や困難をも乗り越えて愛を貫いてくれるのではないでしょうか。

 

ジブリ映画内では海と俊の結婚式のシーンはありませんでしたが、みなさんの心の中で結婚のお祝いをされている2人や子どもが出来て家族睦まじい様子を思い浮かべてくださいね。

コクリコ坂からその後は結婚?ふたりはどうなるかまとめ

コクリコ坂からその後のふたりは、仲良く家族になっているのではないでしょうか。

でも映画内で最後に二人は兄弟ではなかったと分かって良かったです。

ジブリらしい爽やかな映画でしたね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

※法律の専門家ではないので、あくまでも考察になります。

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました