事件・事故・火事・炎上

広島西区保育園5歳児死亡の現場はどこ?小河内保育園を脱走で特定か

2022年4月16日に広島市で不明になっていた5歳の保育園児が、付近の太田川放水路の川の中で横たわっているのを発見されました。

男児は16日の土曜保育に午前中に登園しており、いなくなっていることに気付いた保育園職員が警察に110番通報し、付近を探していました。

 

幼い子供が亡くなってしまう事件に胸が痛みます。

5歳児が不明になってしまった現場や保育園はどこだったのでしょうか、調査していきます。

 

 

広島市西区小河内町で5歳児が川で発見の経緯や現場は?

広島市西区小河内町で5歳児が川で発見の経緯

2022年4月16日、午後0時半ごろに保育園の園児が姿が見えなくなったと行方不明の110番通報がありました。

通報後、園の関係者や警察関係者によって捜索が行われ、その2時間後に園からおよそ100mほど離れた近くの太田川放水路の川岸で意識のない状態で横たわっている男の子を発見しました。

 

男の子は服を着た状態で靴も履いており、濡れた状態でしたが顔や体に目立った外傷はなかったとのこと。

警察官により心臓マッサージや人工呼吸が行われましたが反応はなく、病院に運ばれ死亡が確認されました。

亡くなったのは広島市西区に住む5歳の男の子です。

広島市西区小河内町の現場は?

男の子が発見されたのは、広島市西区小河内町の太田川の川岸。

 

報道された動画に現場となる場所が映し出されていました。


画像出典:YouTube


画像出典:YouTube

 

また男児が亡くなった現場について、広島県広島市西区小河内町2丁目の太田川放水路と報道されておりました。


男の子が見つかった場所は、保育園のある住宅地から土手を上がって、道路を渡った河川敷の先でした。

 

しかし川岸まで行くには、こちら↓↓↓の画像のように一度土手を上がり川岸まで下っていくような場所で、さらには川岸周辺には植物が生え茂っているような場所です。

Ogawachimachi5sai

Ogawachimachi5sai

 

このような場所にまで男児は1人で歩いてきたのか、警察では事件事故両面で捜査中です。

 

【追記】

ドライブレコーダーに男児が一人で歩いている様子が撮影されていたとのこと。

警察が付近の防犯カメラやドライブレコーダーを調べたところ、当時河原のあたりを1人で歩く男の子の姿が映っていたことがわかりました。

 

やはり一人で園を出てしまったようですね。

広島市西区の川で5歳児が行方不明の保育園はどこ?小河内保育園を脱走で特定か

亡くなったのは広島市西区に住む5歳の男の子です。

広島市の発表によりますと、男の子は市立保育園の園児で土曜保育にも通っていたということです。

 

報道によりますと、男児が通っていたのは広島市西区小河内町の市立保育園。

広島市西区小河内町にある保育園を調べてみると、いくつかの保育園が見つかりました。


しかし広島市西区小河内町2丁目になると1件に絞られます。

広島市立/小河内保育園

広島市立の保育園ということなので、小河内保育園が有力のようです。

 

また男の子が通っていた保育園の正門では、門の上部に注意喚起とともに鍵が取り付けられていたとのこと。

ogawamachi5sai
画像出典:Twitter

 

そこで小河内保育園の正門を調査してみたところ、同様の門や鍵が見受けられます。

 

男児が行方不明になった保育園では、16日の土曜は男児を含め0~5歳の34人が登園。

保育士8人で対応していたとのこと。

 

行方不明になる直前まで、男児は保育園の園庭で遊んでいたことは分かっております。

多忙な保育士たちの一瞬のすきをついて脱走してしまったのか、それとも別の保護者が迎えに来たときに出てしまったのか、今後の捜査の進展が気になります。

 

【追記】

広島市で亡くなった男児の通っていた保育園には出入口が3箇所あったとのこと。

通常施錠されており、ここから男の子が外に出た様子は確認されていませんでした。

 

4月18日の捜査関係者への取材で、保育園の植え込みの隙間から1人で外に出た可能性が高いことが分かっています。

そのため広島県警では、事件性は薄く事故の可能性が大きいとの見解です。

保育園児脱走は意外に多い!みんなの声

広島市の保育園から5歳児が行方不明になり、残念なかたちで川で見つかってしまった事件。

園児の両親の気持ちも、保育園関係者の立場もとてもつらいものがあります。

 

5歳児が保育園なんて脱走をするのか・・という声もありましたが、意外にも園児が脱走をするという事態があるのです。

 

 

実際に脱走したことがあるという体験談もSNS上では多く見られるため、保育園や幼稚園で園児が脱走してしまうことは一概に保育園側の落ち度があったわけではないのです。


保育園が塀で囲まれてあったとしても、遊具を使い脱走するというわんぱくな園児もいたそう。

保育園児は、まだ何をしでかすか分からない年齢でもあり意外にも園を脱走したことがあるという経験を持つ人も多いです。

 

保育士さんたちも幼い命を預かる仕事だと責任感を持って臨んでいるため、このような事件には大変心を痛めていることでしょう。

 

また男児には何か障がいがあったのかと心配される声も見られました。

 

何が問題があったのか、このような不幸な事件が減ることを切に願います。

 

昨今ではSNSやインターネットに誹謗中傷が多くなり、実際に誹謗中傷で命を落とす人も出ております。

インターネット上だから何を言ってもいい訳ではなく、誹謗中傷は立派な犯罪です。ネット上だからと言って「何でも言っていい。」と言いと自由な発言と勘違いしてはいけません。

 

適切なSNSの使い方で便利なインターネットを利用しましょう。

 

こちらの記事も人気です↓↓↓

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース
タイトルとURLをコピーしました