俳優・女優・子役

神田沙也加の書き置き(遺書)リークは本人?前山剛久の二股や同棲解消への復讐なのか

2021年12月18日に亡くなった神田沙也加さん。

35歳という若さの命に多くの人が哀しみに包まれているなか、さらに文春砲によって神田沙也加さんが記した書き置きが公表され、文春ではあえて「遺書」と題し注目されています。

 

神田沙也加さんは12月18日に亡くなりましたが、わずか4日後の12月22日に文春オンラインにて遺書の中身が報じられたことで「誰がリークしたのか?」と話題です。

 

この記事では、神田沙也加さんが書き残した「書き置き(遺書)」をリークしたのは誰か?

事務所関係者や警察がリークなどさまざまありますが、本人説も浮上しているウワサについてまとめていきます。

 

 

神田沙也加さんの書き置き(遺書)内容は?


神田沙也加さんの死に多くの人が心痛めている中、12月22日に文春オンラインで神田沙也加さんが残した書き置き内容を公表しています。

 

神田沙也加さんが残した書き置き(遺書)は2通ありました。

・1通は事務所に宛てたもの
・1通は「前山剛久さん(マイフェアレディで共演していた最後の恋人)」に宛てたもの

 

書き置き内容は

  • 喉の不調で歌えなくなることで将来への不安
  • 愛犬の死の哀しみ
  • 恋人との恋の行方の悩み
  • 周囲の様々な人への思い

といったことが書かれていたそうです。

 

そして前山剛久さんへの書き置きに書かれた内容は

数枚の便せんに綴られていたのは、こんな言葉だった。

《女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。一緒に勝どきに住みたかった。2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。ただ心から愛してるよ》

そして、男性が別の女性に心変わりしてしまったショック、自分が理想の女性になれなかったお詫び、夢見た未来がもう叶わない現実への無念や悲しみ……。

その遺書が、彼女の最期の言葉になった。
引用:文春オンライン

 

一部の文面になりますが、

  • 前山剛久さんが元カノと連絡を取っていたこと
  • 結婚まで約束し、一緒に住むためのマンションも内諾しておきながら同棲解消をされたこと

など、心から愛した人の仕打ちに悲しく悔しくもそれでも愛していたという心情に胸が痛くなります。

前山剛久さんと神田沙也加の関係はこちらの記事に詳しく↓

前山剛久の彼女は神田沙也加!共演中の馴れ初めがエモい

 

ですが神田沙也加さんが亡くなった18日には速報が報道され、20日付の発表では道警が「遺書」は見つかっていないとコメントしていました。

北海道警は20日、死因は高所から転落したことによる外傷性ショックだったと発表した。
また、これまでに遺書は見つかっていないという。
引用:2021年12月20日 東スポWeb

 

しかし2日後の22日には週刊文春が沙也加さんの書き置き内容をスクープしたため「誰かがリークしたのでは?」と噂になったのです。

事務所関係者や友人リーク説!公式発表全文では「転落の原因の公表を控える」

kandasayaka

神田沙也加さんの遺書内容をリークしたのは事務所関係者ではないかとウワサになっています。

神田沙也加さんと前山剛久さんの交際は、事務所関係者や友人も周知だったとのこと。

2人の大喧嘩をみていたり、関係を仲を修復させたり、誓約書を書く仲介人になったりと事務所関係者や友人は神田沙也加さんと前山剛久さんに翻弄されました。

 

そのため今回の前山剛久さんの仕打ちがあまりにもひどいと、怒りにかられリークしたのではないかと思われています。

 

ですが神田沙也加さんの所属事務所は公式HPにて、社長名義で神田沙也加さん逝去に関する公式発表を掲載しております。

 

以下が公式発表の全文↓

ファンの皆様、関係者の皆様

2021.12.21

平素より私共、並びに神田沙也加をご支援いただき、ありがとうございます。
先般のご報告以降、神田への温かいお言葉を頂戴し、これまでのご支援も含め、改めて深く感謝申し上げます。

本日、ご親族のご希望により、密葬という形で家族にて葬儀を執り行わせていただきましたことをご報告申し上げます。

警察による詳細な検証の結果、事件性はなく、転落による多発外傷性ショックが死因であるとの報告を受けました。転落の原因につきましては、神田本人の名誉と周囲の方々への影響を踏まえて公表を控えたく、お含みいただけましたら幸いです。

私共は神田との突然の別れに混乱しながらも、その事実と向き合い、神田を守れなかったという責任を真摯に受け止めております。

神田の逝去に関して様々な報道がなされると同時に、ご心配のお声も頂戴しております。このような事態となりましたことを、お詫び申し上げます。

なお、ご親族やご友人のプライバシーに関わるような記事の掲載、過剰な取材行為、インターネット上での根拠のない誹謗中傷に関しまして、お控えいただけますよう改めてお願い申し上げます。

株式会社 ローブ
代表取締役 蒲池 光久

 

所属事務所として神田沙也加さんの転落した原因の公表を控えたいとコメント。

これは沙也加さんの死の原因を明らかにさせたくない気持ちが伺えますよね。

 

神田沙也加さんの事務所社長は、叔父である蒲池光久氏。

神田沙也加さんを本当の娘のように可愛がり、今回の件も沙也加さんを守れなかったと悲嘆されております。

これ以上神田沙也加さんのプライバシーを晒されたくないというのが心情ではないでしょうか。

 

関連記事→→神田沙也加が転落した札幌のホテルはどこ?モントレエーデルホフで特定

神田正輝か松田聖子のリーク説「そっとしておいて欲しい」

神田沙也加さんの訃報を受け、すぐに札幌に向かわれた両親の神田正輝さんと松田聖子さん。

12月21日には密葬も執り行い、娘である神田沙也加さんの骨壺や位牌を持つ姿には心が痛くなりました。

 

週刊文春への書き置きをリークしたのは両親ではないか?というウワサもあります。

確かに実の娘が恋の悩みをもってこのような結果となったなら、親としては書き置きを残した相手は許すまじき人物ともなり得ます。

 

ですが神田正輝さんと松田聖子さんの気持ちを考えると、密葬後に会見をしなくてもいいのではと思われる中、わざわざ会見をし一言ずつコメントを残しています。

 

神田正輝さんのコメントでは

大変申し訳ありません。ありがとうございます。あの、本当に、身内の近親者のみで、お別れをし、お骨にすることができました。皆さん、ご協力ありがとうございました。ただ、あまり、今、二人とも、話すようなことではないので、しばらくの間、そっとしておいていただけたら、ありがたいと思います。

「しばらくの間、そっとしておいていただけたら、ありがたいと思います。」という神田正輝さんの本音。

 

愛娘・神田沙也加さんを失くし、憔悴しきった表情にはリークする怒りが見つからないような気もします。

 

神田沙也加さんが最後に電話した相手が父親・神田正輝さんでした。

詳しくはこちら→→神田沙也加と神田正輝が仲良しで関係も良好!最後の電話内容が泣ける

警察関係者のリーク説

週刊文春へのリークは警察関係者ではないかというウワサも。

 

文春オンラインでのスクープ記事には、神田沙也加さんの遺書内容だけでなく

「前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE」
「その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”」
「沙也加に届いた残酷な知らせの内容」
「 沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態」

という、神田沙也加さんや松田聖子さんへの不名誉な内容も記事にされています。

 

もしも身内や事務所関係者がリークしているのであれば、身内の良くない噂までは取り上げてほしくないですよね。

そのため第3者である警察関係者がリークしたのではとも考えられます。

 

警察関係者であれば、事故が起きた当時にすぐに情報を入手しやすいですよね。

 

また北海道警というのも疑わしく思われる理由でもありそうです。

旭川のいじめも記憶に新しいですからね。

関連記事→→旭川いじめ事件時系列や経緯まとめ!加害者もその親も胸くそ

神田沙也加の遺書リークは本人説が濃厚?


文春報道ではあえて「遺書」と記し、神田沙也加さんの最後の気持ちを代弁するかのような記事内容。

そこで浮上したのが、書き置きを本人がリークしたというウワサです。

SNSやネットでも話題になっています。

リークしたのはマネージャーでもなく聖子でもない
全ての時系列の把握とLINE画像をも入手していた人物
さらに書き置きの内容まで全て把握していた人物
その人物が文春にリークした

沙也加本人だよ
あの日の朝に文春とコンタクトを取って全てを送信したんよ

 

神田沙也加さんが亡くなられ、たった4日という早さで記事になるというスピードリーク。

もし文春に遺書をリークした内容が事実であるとすれば、この詳しすぎる内容は本人か身内しか知り得ないことばかりが記事にされているからです。

 

神田沙也加さんと前山剛久さんは結婚を前提に交際をし、今後一緒に住むために”勝どき”へマンションの内覧にも出かけ内諾もしていました。

 

しかし前山剛久さんが元カノA子さんと連絡を取っていたり、別れていないのに別れたとA子さんへLINEも送っていたのです。

前山剛久さんのLINE内容や二股疑惑について詳しくはこちらに→→前山剛久の元カノA子(アイドル)は誰で顔画像は?LINE内容で二股浮気が確定?

 

週刊文春へのリークは誰だったのかは判明していません。

もしかしたら文春による捏造という可能性もあります。

 

一部報道では沙也加さんは喉を傷めていたこと、心療内科に通い処方薬を服用していたことも伝えられています。

真実が分かったとしても神田沙也加さんは戻ってこず、あの唯一無二な歌声は失われたことは大変悔やまれます。

 

ただ神田沙也加さんはジャニオタにも誹謗中傷を受けていたことは分かっています。

詳しくはこちら→→神田沙也加の飛び降り理由はジャニオタの誹謗中傷か

 

秋山大河さんの現在の様子がこちら↓

秋山大河の現在は会社代表!神田沙也加と破局理由は?同棲と匂わせで再婚間近だったのに

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました