タレント・芸人・インフルエンサー・声優・YouTuber

沖田臥竜の経歴と綾野剛の関係!東谷義和に脅迫DMで口止め|ガーシーch

暴露系YouTuberの東谷義和氏のガーシーchで、ある人からDMを受け取ったことに腹が立ったと3月13日に動画がアップしています。東谷義和氏にDMを送った相手というのが、元極道で現在は作家として活躍中の沖田臥竜氏。

 

東谷義和氏は、沖田臥竜氏からのDMは綾野剛さんの指示で送られていることや脅迫だと怒りを隠せない様子で指摘しています。一体どんなDM内容が東谷義和氏に来たのか、沖田臥竜氏の経歴や綾野剛さんとの関係についてまとめていきます。

 

※東谷義和氏の暴露動画内容やネットニュースをもとに情報をまとめてあります。
実際の事実とは異なる可能性もあるかもしれませんので、情報の取捨選択をして頂きますようお願い申し上げます。

 

そもそも東谷義和とは何者?詳しくはこちら↓↓↓

 

なぜ詐欺師なのに逮捕されない?理由がこちら↓↓↓

沖田臥竜が東谷義和に脅迫まがいのDM内容!綾野剛が指示?

ガーシーchでメンバーシップを始めた最初の日となる3月13日。東谷義和氏は、本当であれば視聴者からの質問や文春に載った沖縄旅行の件などを話そうかと思っていたそう。しかし数日前に送られてきたDMが非常にムカついたと、怒りを抑えきれず送られたDM内容やそのDMを指示した人について暴露すると予定を変更しました。

 

DMを送った人物というのが

沖田臥竜(おきたがりょう)氏

そしてDMを送ることを指示した(だろうと東谷義和氏が推測)のが

綾野剛さん

だというのです。

 

沖田臥竜氏が東谷義和氏に送ったDM内容を簡単に説明すると

東谷義和の過去の秘密を明かされたくなければ”綾野剛”の暴露をするな

というもの。

 

実際に沖田臥竜氏から送られたDM内容を、東谷義和氏がツイッターにあげていました。

okita
画像出典:Twitter

画像出典:Twitter

沖田臥竜氏の公式アカウントからのDMですよね。

 

DM内容は

  • 名古屋や関西で東谷義和氏を探している人物をほのめかす
  • 事故車や盗難車を使い部品をつなぎ合わせ1台の車を完成させ販売する「ニコイチ」を販売していた
  • クスリの動画もある

などと言葉は丁寧なものの、過去の行いを暴露されたくないならある俳優を動画で暴露するなとお願いしています。

 

そしてDMは2回に渡って送られてきており、そのDM内容も東谷義和氏はツイートしています。

そして2通目のDMには、東谷義和氏が尊敬する島田紳助さんの名前を出すなどして、どうにか綾野剛さんの暴露を止めたいという意志が伝わってきます。

 

沖田臥竜氏のDMには俳優や芸能人と書かれていますが、特定の人物名は書かれておりません。にもかかわらず、東谷義和氏は綾野剛さんが指示したと断言するには3つの理由があると言います。

 

まず第一に、沖田臥竜氏と関わっている俳優でホワイトボードにあげた俳優は「綾野剛」さんしかいない。

第二に、綾野剛さんの所属する事務所社長・山本又一朗氏は、綾野剛さんの女性関係について文春でも肯定しており、東谷義和氏が暴露する内容は大したことないと言っている。

 

第三に、長い付き合いで綾野剛さんの性格をよく知っている。という理由から東谷義和氏はこのDMを送らせたのは綾野剛さんであり、事務所からの指示ではないと断言しています。

 

特に綾野剛さんとは長い付き合いがあり、彼の性格からも人を使って自分の明かされたくなく過去を隠そうとするタイプだとコメントしています。

 

綾野剛さんの暴露内容はこちら↓↓↓

綾野剛の酒癖と女癖の悪さを東谷義和が暴露!立ちしょん姿画像も

沖田臥竜のWikiプロフィールと経歴

沖田臥竜氏は元山口組直系二次団体幹部という経歴の過去を持ち、現在は作家として雑誌やテレビコメンテーターとしても活躍しております。

 

名前:沖田臥竜(おきたがりょう)

本名:崎田俊昭(さきたとしあき)

生年月日:1976年

年齢:45歳

出身:兵庫県尼崎市

前職:元山口組直系二次団体最高幹部

職業:作家

デビュー:2016年10月

 

沖田臥竜氏は少年時代から地元の暴走族に入り、警察に逮捕されたこともあるほどの地元でも知られたワルでした。

18歳のころ逮捕状が出ているために兵庫県を離れ潜伏生活を送りますが、2年後のハタチとなりもう大丈夫かと地元尼崎に戻ったところで逮捕されてしまいます。

 

21歳のときに地元尼崎市に事務所のある山口組松野組緒方系上田組の盃を交わしますが、組に入った早々にまたも警察に逮捕されて29歳まで服役生活となってしまいました。

出所後も約半年後にまたもや逮捕され4年の収監。20代~30代前半を刑務所で過ごすこととなってしまったのです。

 

2度のムショ暮らしとなった沖田氏ですが、服役中に上田会の若頭まで出世、さらには山口組は世代交代という大きな騒動もあり沖田さんの所属していた上田会は大平組の下部組織となりました。

沖田臥竜氏の出所後は、大平組・組長に気に入られたこともあり「組長付き」そして大平組の若頭代行にまで出世します。

 

ですが山口組の二次団体最高幹部まで出世したものの、時代は暴力団排除条例が制定され警察の取り締まりが厳しくなったこともあり、不動産を借りることもできず銀行口座も持てないという現状に限界を感じていました。

 

そこで沖田臥竜氏はヤクザを引退する決意をかため、尊敬する中村組長の引退を待ち足を洗ったのです。ヤクザ稼業を引退後は、憧れていた小説家を目指します。

沖田氏は服役中から数千冊も小説を読み、さらには小説を複写したり自作小説を書いていたり、賞にも応募していたのです。

 

残念ながら入賞は叶いませんでしたが、ある漫画家のHPに自身の小説を原作に使ってもらえないかと問い合わせを送ったところ編集者へ紹介してもらえることに。

 

そのおかげで沖田臥竜氏はニュースサイト「R-ZONE」で、漫画原作者としてデビュー。さらには元ヤクザの経歴が活かし、闇社会や裏社会の記事執筆依頼といった仕事が増えていったのです。

 

沖田臥竜氏は「日刊サイゾー」や「Business Journal」などでも記事を寄稿したり、多数の著書もあります。

沖田臥竜の主な著書
・生野が生んだスーパースター 文政(2016年)
・2年目の再分裂: 「任侠団体山口組」の野望(2017年)
・死に体(2018年)
・尼崎の一番星たち(2017年)
・相剋 山口組分裂・激動の365日(2020年)

 

そして2021年1月には、沖田臥竜氏が監修・所作指導役を担当した映画「ヤクザと家族 The Family」も公開されました。

沖田臥竜と綾野剛の関係は?DM脅迫は作品を守るため!

元ヤクザという異色の作家・沖田臥竜氏と綾野剛さんの関係は、先ほどもご紹介した映画「ヤクザと家族 The Family」にあります。

 

沖田臥竜氏が監修・所作指導役を行った映画ですが、主演は綾野剛さんなんです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

SYO(@syocinema)がシェアした投稿

綾野剛さんと舘ひろしさんが共演すると話題になった「ヤクザと家族」ですが、映画公開後には大変面白いと評判の作品なんです。

 

東谷義和氏はメンバーシップの生配信で「2~3日前に届いたDM」と沖田臥竜氏のDM内容を暴露していました。

しかし沖田臥竜氏は3月8日に掲載された「ビジネスジャーナル」で東谷義和氏に関し以下のようにコメントしています。

私自身はガーシーがあることにさえ触れなければ、深く関与する気はない

 

このあることというのは

自分の作品や関わる人を傷つけること

それは、私の作品づくり、つまり私が原作や監修をする映画やドラマに関わる人たちを傷つけることだ。そこに触れてきたら、私は黙ってはいない。

 

先ほどもご紹介したように、綾野剛さんは沖田臥竜氏が監修した映画にも出演。そのため沖田氏はこれ以上綾野剛さんについて暴露し、綾野剛さんを傷つけることは許さないとも感じていたのです。

 

ガーシーの大義のない暴露に、そんな大事な作品を潰させるような価値を持たせてはいけないのだ。

 

これまで映画やドラマと、演者だけでなく裏方など多くの人が熱い想いと努力で積み上げた作品をガーシーの暴露という行為に潰させてはならないとコメントしています。

 

さらには沖田臥竜氏は、下記のようにコラムを締めくくるほど。

現在、ガーシーのYouTubeにより何らかの被害を受けている方。いつでもTwitterの沖田臥竜(r-zone編集部)までDMにてご連絡ください。

 

失うモノがない暴露YouTuberと元ヤクザのアウトロー作家の戦いが始まりそうです。

まとめ

沖田臥竜氏は元山口組直系二次団体幹部の経歴をもったアウトロー系作家です。

綾野剛さんとは映画「ヤクザと家族」で主演と監修の関係になります。

 

東谷義和氏は、沖田臥竜氏のDM(綾野剛さんの暴露を止めろ)は綾野剛さんの指示だと思っているようですが、コラム内容を見ると沖田臥竜氏が単独で行ったようにも感じます。

 

ただDMで東谷義和氏を抑えられるほどの効力はなかったようで、綾野剛さんの暴露はされてしまいました。

今後の東谷義和氏と沖田臥竜氏についても追っていきたいと思います。

 

他のガーシーchについてはこちらから。

 

 

 

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました