話題の有名人

池田桃子Wikiプロフ/年齢や経歴は?ほのかマネージャーで歌や喋りがうますぎる

可愛すぎるマネージャーとして話題の、ほのかマネの「池田桃子」さん。バラエティ番組ではしゃべりも面白く歌も上手いという芸達者ぶり。またマネージャーなのに、かわいいとグラビアデビューまでしてしまっています。

 

マネなのに面白い池田桃子さんの経歴や年齢など気になりますよね。

 

そこでこの記事では

  • 池田桃子(ほのかマネ)のWikiプロフィール
  • 池田桃子の経歴や年齢
  • マネなのにしゃべりや歌がうますぎる理由は元歌手

こちらの内容でご紹介します!

 

池田桃子(ほのかマネ)のWikiプロフィール!年齢は?

 

名前:池田桃子(いけだももこ)
生年月日:1993年3月10日
出身地:福岡県北九州市
趣味・特技:飲むこと、歌うこと、スナック通い
職業:株式会社アイ・エヌ・ジー マネジメント業務

 

CanCam専属モデルとして活躍中のほのかさんの”マネージャー”の池田桃子さん。可愛すぎるとテレビ番組にも出演しちゃってます!

 

本来マネージャーさんというのは、タレントの手となり足となりタレントが活躍できるよう秘書のような役割をするのが業務ですよね。

 

しかし池田桃子マネは、ほのかさんのマネとして番組に出演しているにも関わらず面白いトークで笑いをかっさらってしまうんです!そんな池田桃子マネの可愛さと面白さにファンも増加中。

池田桃子マネージャーは1993年生まれで2021年で28歳になります。一般の方から30代マネと呟かれると即座に反応する機敏さ。エゴサでもしているのでしょうか。

 

趣味はお酒を飲むことと公言するほど、池田桃子さんは飲むことが大好き♪

 

YouTubeでは自分のチェンネルも持っており、池田マネの家での様子が垣間見れてしまいます。

仕事終わりの晩酌は格別ですよね。美味しそうに飲まれています☆

まさかのほのかさんではなく、池田マネージャーが自分のYouTubeチャンネルを作り、動画をアップしているなんて面白過ぎますよね。

 

とてもマネジャーとは思えないほどの、表に出たがりな性格が現れちゃってます。池田桃子マネが目立ちたがり屋のワケは経歴にも関係しているのかもしれません。

 

ガッキーも逃げ出した事務所は闇が満載( ;∀;)↓

>>レプロ(マリエ事務所)のヤバい噂!枕だけじゃない闇とは?

池田桃子の学歴/経歴について

 

ほのかさんのマネージャーでありながら、写真集やグラビアもしている池田桃子マネ。なぜこれほどまでにテレビに出たがるのにマネージャーをしているのか疑問ですよね。せっかくなので過去の学歴や経歴を見ていきましょう!

 

池田桃子さんの学歴は

出身高校:福岡県立小倉高等学校

出身大学:明治大学卒業

福岡県北九州市でも上位に入る、福岡県立小倉高等学校を卒業されています。ちなみに小倉高等学校の偏差値は69。かなり頭のいい学校ですよね。高校卒業後は上京し、明治大学に通われていました。大学でもかなり遊んでいたようなことも暴露されていましたね。

 

明治大学卒業後は、株式会社Seven Rich Accounting(セブンリッチ会計事務所)に就職。セブンリッチ会計事務所は、税務会計コンサルタント業で個人・法人顧客の月次処理、決算申告業務及びその補助、会計また税務コンサル、新規事業の創出など幅広い業務をされている事務所です。

かなりお堅い職場のようにも感じますが、池田桃子マネのようなキャラでも大丈夫だったのか…と心配通り、2018年に現在の芸能事務所・株式会社アイ・エヌ・ジーに転職します。

 

タレント事務所の社員としてマネージャー業務を担当することになります。池田マネの担当タレントは、ほのかさんの他にも日下部美愛さん、和地つかささんのタレントマネージメントやスケジュール管理などを行っているんですよ。

 

ただ最近では、池田桃子マネ一人でグラビアや写真集も出し、会社もノリノリでバックアップしちゃってるようなので受け持ちタレントは減らしているかもしれませんね。

 

あまりに話題になりすぎてデジタル写真集も発売!

↓ほのかさんの写真集より売れちゃってます♪↓

マネなのにしゃべりや歌がうますぎる理由は元歌手

池田桃子マネを知ったのに「爆笑!ターンテーブル」を見たという人も多いのではないでしょうか。あまりの歌のうまさにただのマネージャーではないと驚きました。

 

替え歌はしっかりオチも作ってくれていたので、審査員たちも視聴者ももっと聞きたいと思いましたよねww

 

あまりの反響ぶりに第2弾、第3弾にも続いていきました!

4月の放送では、ジュディマリのくじら12号の替え歌を披露ww

 

爆笑ターンテーブルのおかげで、池田桃子マネージャー単独の仕事オファーが殺到したことを暴露。しかも週刊プレーボーイではグラビアにも初挑戦をしたという驚きの告白に、審査員や視聴者の話題をかっさらっていきました。

 

 

マネージャーなのになぜここまで歌もうまく、喋りも上手なのか気になりますよね。それもそのはず、池田桃子さんは、歌手としても活動していたからです!

実は「the pity poet」のボーカル『いけだ桃子』として、宮城裕次氏とユニットバンドを組んでいたんです。

 

 

もともとセミプロとしてライブハウスでも活躍していた池田桃子さん。どうりで歌が激ウマだったんですね。

YouTubeにも音源がありました。

 

ファンの間では歌声もいいけれど、桃子さんと相方の宮城裕次さんの夫婦漫才みたいなMCがとても面白かったと評判だったのです。おしゃべりが上手いのも、昔から舞台経験があったからだったんですね。

 

池田桃子さんははthe pity poetのボーカルとして、あのYOASOBIのikuraこと「幾多りら」さんとも原宿にあるカフェで対バンをしたこともあるんです。

 

いまや大ブレークのYOASOBIのikuraさん。今度は池田桃子マネもブレークしてしまうのではないでしょうか。

 

↓池田桃子マネの写真集が売れまくってます♪↓

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました