タレント・芸人・インフルエンサー・声優・YouTuber

上島竜兵はなぜ自殺?死因理由はBPOで遺書や書き置きの内容は?

2022年5月11日に芸人トリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの訃報が報道されました。

いつも明るく笑顔の絶えない上島竜兵さんだけに、亡くなったこと自体が信じられません。

 

なぜ上島竜兵さんがなぜ亡くなったのか、死因理由や遺書はあったのか調査していきます。

 

ダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの死因は?

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが自宅で倒れているのを発見され、救急搬送されましたが11日午前1時前に病院で亡くなられました。

 

関係者によると亡くなった死因は、首をつっているのを家族が見つけたとのこと。

 

詳しい死因はまだ公表されておりません。

 

上島竜兵さんといえば、ドラマ・真犯人フラグでは独特な演技で俳優としての魅力を視聴者に届けたばかり。

 

また4月25日には、ダチョウ倶楽部の3人で元気にイベントにも出席していたため、今回の訃報には驚きを隠せません。

上島竜兵のなぜ自殺?死因理由にBPO

上島竜兵さんは、芸人としても俳優としても芸能界で活躍をしており、順風満帆な芸人生活を送られているようにもみえました。

 

なぜ今回、自ら命をたってしまったのでしょうか。

死因理由を考察してみました。

➀志村けんの死去による喪失感

2020年3月29日に新型コロナで亡くなられた志村けんさん。

そんな志村けんさんを師匠と呼び、20年以上にも渡り親交し慕っていた上島竜兵さん。

 

上島竜兵さんにとって志村けんさんのいないこの世界は、ぽっかりと大きな心の穴が空いてしまったことは間違いないでしょう、

 

2人の関係が深いものだっただけに、志村けんさんへの想いが強すぎたのかなとも思えてしまいます。

➁コロナ禍の不安

新型コロナの影響は、さまざまな影響を与えています。

お笑い芸人という不安定な職業である上島竜兵さんも、得意のキスのギャグやリアクション芸などが出来なくなり、また営業なども減ったことで大きな不安を抱えたと思われます。

 

コロナによる自粛生活を送り飲み歩いていた日々がなくなり、自宅で大人しく過ごされていたと生前にコメントされていました。

芸人としての不安やストレスを飲みの席で発散していたことも大きかったでしょう。

 

また渡辺裕之さんもコロナによって大きな不安を抱えていたと、妻・原日出子さんがコメントしていました。

➂病気を患っていた?過去に予言されていた

上島竜兵さんは大きな病気を患ったという報道はありませんでしたが、2010年頃に網膜剥離になっており目が弱いということ。

 

またリアクション芸を売りとする上島竜兵さんですので、還暦を迎えボロボロになっていく自分の体に不安を覚えることもあったでしょう。

 

そして上島竜兵さんは、60歳前後で大病を患うと占われた過去があるのです。

2014年に放送された「おしかけスピリチュアル」という番組では、オーラが見えるスピリチュアル女子大生・CHIEさんが上島竜兵さんのオーラを鑑定していました。

 

上島竜兵さんのオーラは体の周りに緑と茶色のオーラで囲まれており、

CEIE「でも、問題はこれですよ。(まわりの茶色のオーラをさす。)
本当に体は気をつけたほうがいいです。」

上島竜兵 「そういうことね。」

肥後克広「茶色というのは?」

CEIE「茶色というのはエネルギーが弱っていて、けっこうこの6年気をつけないと、6年以内に大病を患ってていう…。
死とかをあらわす(オーラ)」

肥後克広「6年というのは何か出てきたんですか?」

CEIE「見てて1年ずつカウントしていってだいたい6年ぐらいだろうって。」

肥後克広「今、いくつだっけ?」

上島竜兵 「53歳。」

 

2014年のときに53歳で、その約6年後に大病(死もあらわす)と占われていたのです!

➃コンプライアンスやBPOで芸が出来なくなった

上島竜兵さんといえば、熱々おでんや熱湯風呂などの痛みを伴うリアクション芸を売りにしていた芸人の代表格。

 

そんな上島竜兵さんを苦しめていたのは、昨今の厳しくなったコンプライアンスやBPOではという考えもあります。

もちろんテレビの影響でいじめや誹謗中傷の延長になり得るという意見も分かりますが、あまりにも過剰な規制で昔からの定番ネタは使えなくなってしまっていました。

 

行き過ぎたBPOは、リアクション芸に生きるすべを見出していた上島竜兵さんにとって大変な悩みどころであったのかもしれません。

➄鬱や心の病だった?

上島竜兵さんは、いつも笑顔で明るい印象。

竜兵会という上島竜兵さんを中心の会は、先輩後輩問わず多くの芸人さんたちに慕われており愛されている人でした。

 

芸事にも一生懸命でストイックな反面・心配性であったりする性格は、不安を抱え知らずに心と体調を崩してしまうことがあったのかもしれません。

上島竜兵さんは、テレビの収録が終わった後も反省しかしないというほど。

 

元気なふりをしていても、心の病は精神を蝕み希望を失ってしまうことも。

苦しみを終わらせたいという気持ちが勝ってしまったのかもしれません。

上島竜兵の遺書や書き置きは?

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなられたという報道に、遺書や書き置きを残していたのか気になります。

自ら死を選んだということもあり、家族やダチョウ倶楽部のメンバーまた後輩などへのメッセージを残されていたのでしょうか。

 

現在のところ、上島竜兵さんが遺書や書き置きを残していたのかは判明しておりません。

 

ただ突然の上島竜兵さんの訃報もあり、家族や親族でもそっとしておいて欲しい気持ちが大きいため遺書があっても公表をされない可能性もあるかもしれません。

 

これからももっと多くのギャグやあの笑顔を見せてもらえると思っていたファンも多いでしょう。

とても残念な突然の訃報、上島竜兵さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース
タイトルとURLをコピーしました