話題の有名人

宮園誠士郎の経歴や年収!家族(妻や子ども)はいるの?会社評判も調査

宮園誠士郎氏は、コインランドリー業界大手の企業である株式会社ダイワコーポレーションの代表取締役社長です。

58歳ながら連結売上高が約59億円、総出店数は268店舗というのですからかなりやり手ですよね。どんなお顔で経歴や年収はいくらなのか気になります。

 

そこでこの記事では

  • 【顔画像】宮園誠士郎の経歴や年収を調査!
  • 宮園誠士郎に家族(妻や子ども)はいるの?
  • コインランドリーや会社の評判について

この内容でご紹介します!

 

【顔画像】宮園誠士郎の経歴や年収を調査!


宮園誠士郎氏は「株式会社ダイワコーポレーション」の代表取締役で、連結子会社「株式会社プライムランドリーソリューションズ」の代表取締役でもあります。

 

ダイワコーポレーションは

  • コインランドリー事業の企画・開発・プロデュース
  • 業務用ランドリーソリューションの企画・提案
  • ランドリー機器の輸入販売 / 保守・メンテナンス

といった事業内容を行っています。

 

そして株式会社プライムランドリーソリューションズにて

  • コインランドリーデポ
  • コインランドリーバブルバスケット

など直営店舗をおよそ200店舗、運営受託店舗は70店舗という業界一の規模のコインランドリー運営会社であります。

宮園誠士郎氏の経歴について調査してみました。

1974年4月:創業者宮園誠志 大和機材株式会社を設立

1996年3月:米国アライアンス社とコインランドリー機器輸入日本総代理店契約締結

1997年5月:宮園誠士郎 社長就任

(社名を株式会社ダイワコーポレーションへ変更)

2001年11月:直営1号店(平台店)を出店

 

元は大和機材株式会社でクリーニング洗剤・薬品販売事業など洗濯機材取り扱い業を行っていました。そして1996年に世界最大の業務用洗濯機・乾燥機のメーカー「アライアンス社」のコインランドリー機器輸入日本総代理店として契約締結します。

 

その後、コインランドリー機材の取り扱いや機材輸入、そして直営店舗やFC店の運営事業を行っております。

 

宮園誠士郎氏は「株式会社ダイワコーポレーション」と、連結子会社「株式会社プライムランドリーソリューションズ」の代表取締役であり、連結売上高は59億円にもなると言われています。

 

これだけの売上高をほこる企業で、代表取締役をされている宮園誠士郎氏の年収も気になりますよね。ただ一概に売上高59億といっても業種によって利益も変わってきます。また会社によっても役員報酬も変わりますよね。残念ながら、はっきりとした宮園誠士郎氏の年収は分かりませんでした。

 

役員報酬の相場が

資本金2,000万円未満・・・605万円

資本金2,000万円以上・・・851万円

資本金5,000万円以上・・・1,094万円

とされています。

 

ダイワコーポレーションの資本金は3000万円で、プライムランドリーソリューションズの資本金は1000万円ですので、合わせると1000万円近い役員報酬を貰っているのではないでしょうか。

 

また株主であるかもしれませんので、さらに年収は高くなると予想されます。新しい情報が入り次第追記していきます。

宮園誠士郎に家族(妻や子ども)はいるの?

宮園誠士郎氏は58歳ということなので、結婚して妻や子どもがいてもおかしくない年齢ですよね。

 

交際相手の女性がいたという報道もあるので、離婚をされて独身だったのかもしれません。宮園誠士郎氏の家族や妻、子どもについての詳細が分かりましたらまた追記していきます。

 

株式会社ダイワコーポレーションの創業者は宮園誠志氏とありますが、こちらは宮園誠士郎氏の父親ではないでしょうか。また株式会社ランドリーデポでは取締役に「宮園誠志氏」監査役に「宮園勢津子氏」と記載があるため、両親の始めた会社で家族中心で経営しここまで大きくされたのでしょう。

ダイワコーポレーションや会社評判について

2021年にはダイワオーナー店舗2200店舗達成した株式会社ダイワコーポレーション。コインランドリー業界の日本一とも言われる大手企業であります。

 

ダイワコーポレーションの会社評判は、最新のコンピューター管理を取り入れ社員が活躍できる制度や取り組みを積極的に行っているようです。

 

営業部門では、日々お客様からの問い合わせによい提案が出来、実際に店舗開業まで進むことができた時には大きなやりがいを感じたという意見がありました。自分の知り得なかった知識を学びながら仕事ができるという点のメリットもあるそうです。

 

ほかにも会社の一人として役割を担う実感ができるという意見もありました。仕事にやりがいがあり、活気があり明るい職場なのは働き甲斐もありますよね。

 

また女性社員の育休や・産休の取得実績があり女性にとって働きやすい環境であるとコメントがありました。少ない社員数を活かし、問題点や要望を共有しやすいという組織体制や社風がいいと話す方もいました。

 

ただ昨今の急激なコインランドリー出点にて、ライバルも増えてきていることから満足いただける開業成績を得られない場合などに、悪いイメージが持たれてしまうのではないかという心配をされる社員もいました。

 

会社への利益と顧客への利益と双方が上手くいくように取り扱うのも大変ですよね。

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました