事件・事故・炎上

岩田康誠の暴言内容や幅寄せ動画は?後輩へのパワハラいじめも処分の原因

2021年4月24日、岩田康誠(いわたやすなり)騎手に対し4月25日~5月8日(開催日4日間)までの騎乗停止処分を下しました。発端はレース前の返し馬の際に、岩田康誠騎手が藤懸貴志(ふじかけたかし)騎手に馬で幅寄せをしたり暴言を吐いたということです。

 

この記事では岩田康誠騎手が藤懸貴志騎手への暴言内容や幅寄せ動画、そして後輩へのパワハラいじめ被害について調べていきます。追記しました。

 

 

岩田康誠騎手の騎乗停止処分概要


事件が起きたのは、4月24日の阪神6Rの返し馬でのこと。岩田康誠騎手は騎乗馬で藤懸貴志騎手に対してラチ沿いまで幅寄せを行いました。さらにその際に暴言を吐いたという岩田騎手。騎手として業務上の注意義務を負うものとしてふさわしくないと判断され14日間の騎乗停止処分を発表されました。

 

返し馬というのは、レース前のウォーミングアップのこと。発送時刻まで馬場のあちこちに散ってする足慣らしをするため、わざわざ岩田康誠騎手は、藤懸騎手のところまで行って行動におよび暴言を吐いたというのですから驚きです。

 

これらの粗暴な態度と発言に関しては、複数の騎手からの証言があったとのことで岩田康誠騎手からも確認が取れています。ことの発端は、24日の阪神第2レースにて4コーナーでの馬郡で、藤懸騎手と岩田騎手が外にはじかれてしまったことにあると言います。被害時の藤懸騎手の対応に不満のあった岩田康誠騎手が、納得いかずにいたことが原因です。

 


競馬場で起きたあおり運転ともいえる行為。大事な競走馬を借りている騎手の身として、このような行為を平然と行えてしまったことに残念でしかありません。

岩田康誠騎手の暴言内容は?

 

岩田康誠騎手が暴言と粗暴な態度になった理由というのが、動画にある4月24日阪神第2レースでの4コーナーでのこと(1分5秒あたり)。オレンジ(角田大和騎手)のエムティースマイルが4角で外斜行をしてしまいます。後ろにいたピンク(藤懸貴志騎手)のシュンイと、その後方にいた黄色(岩田康誠)のコートゴシップが被害馬となります。

 

藤懸騎手も被害を受けているのに、岩田騎手は藤懸騎手の位置取りに腹を立てたことが発端です。その後、第6レース前の返し馬で騎乗停止処分となる暴言を吐いたということですが、何を言ったのか気になります。

 

岩田康誠騎手が藤懸貴志騎手に言った暴言内容を調べてみましたが、何を言ったかまでは報道されておりません。下記のような事を言ったのではないかと予測が出ています。

福島で乗ってろって言ったらしい

 

地味に下手な乗り方しやがって!

 

また以前から岩田騎手に暴言を吐かれていた藤懸騎手。競馬番組でもこんなことを言っていたそうです。

岩田に髪の毛真っ直ぐにしてないで馬真っ直ぐ走らせろや!って言われたって。

 

さらに岩田康誠騎手には、過去にも数々の暴言で有名な騎手。ファンサービスも無い、かなり辛辣な人でした。

東京競馬場でチャリティーの握手会があった時に岩田康騎手も参加していました。客の列の長さを見て「まだこんなにいるん?」「早く終わらんかな」みたいな事をかなり大きな声で連呼してて、嫌な感じでしたね。他の騎手が大人しくしてるのに、かなり悪態が目立ってたのは忘れません。(競馬ファン)

 

後藤騎手を落馬させ首を骨折させたのに、騎乗停止処分後のダービーで勝ったからって「本当に幸せな3週間でした」なんて言えないよ。(競馬ファン)

 

ファンや他の騎手たちへの敬意のない発言も多く、そのためアンチファンも多くいます。また武豊騎手と並んで神騎乗の天才勝負師とも呼ばれた岩田康誠騎手。しかしその高慢さは馬主にも暴言を吐いていたと言います。

 

馬主にも平気で「そんなん言うなら、自分やってみ?出来ないでしょ?なら黙っとき」という態度だから嫌われてるんだよ。(競馬関係者)

 

今回、藤懸騎手に何を言ったのか情報が入り次第追記していきます。

藤懸貴志騎手の説明

藤懸貴志騎手が裁決委員に説明した内容が判明したので追記しました。

ムチで馬を寄せてきて、ラチとの間に挟まれそうになりました。

上記の内容を裁決委員に説明した藤懸騎手。返し馬の場で、わざわざ鞭を使ってまで藤懸貴志騎手のそばへ寄せてきた岩田康誠騎手。さらに鞍上がラチとの間に挟まるよう押しやったとのこと。ラチとは競馬場にあるコースの柵のことなので、万が一にも双方また双方の馬にケガでもあったらと思うと大変危険な行為です。

 

岩田康誠騎手は腕も素晴らしく日本人騎手として最高峰の腕前をもつジョッキー。しかし反面ラフプレーも多いのですが、まさかの場外乱闘はいただけません。

返し馬での幅寄せ動画

岩田康誠騎手が藤懸貴志騎手に幅寄せを行ったのは、阪神6レース前の返し馬でのこと。ウォーミングアップ中とでの出来事とあり、その場面を運よく動画に納めている人はいなかったようです。

 

返し馬での出来事でありながら、馬の感情を人間が支配できるわけでもなく、時にはまるでロデオかのような馬の動きもあります。2019年には岩田康誠騎手が乗っていたロードライトニングが放馬。岩田騎手は馬から落とされてしまいました。

 

また馬によっては、動画のように機嫌が悪く暴れてしまうこともあります。

 

このような馬の調整をする場で、馬主さんの大切なサラブレッドを使って幅寄せをするなど、まるで他人のフェラーリに載ってあおり運転をするかのようなもの。岩田康誠騎手はきもちを何十年も馬と仕事をしてきたのに、臆病で神経質な性格をまだ理解していないというのでしょうか。自分の怒りの矛先を馬で晴らそうなんてとても悲しい行為です。

岩田康誠は藤懸貴志と因縁の仲?後輩にパワハラ

 

岩田康誠騎手の14日間の騎乗停止処分を受け、急遽元ジョッキーの藤田伸二さんが動画をアップしております。実は動画で「岩田騎手の後輩いじめやパワハラ」を暴露しております。

 

・何年か前から岩田康誠騎手は後輩にいじめを繰り返していた。

・騎手専用の調整ルームの入り口で、酔っ払っていた岩田騎手は藤懸騎手にいきなり蹴られた。

・岩田康誠騎手から何もしていないのに殴られたことがあり、藤懸騎手は裁決委員に報告し、岩田騎手は始末書を書かされている。

など、これまでの積年の恨みが積み重なって、今回の暴行に出た岩田騎手。しかし裁決委員はこれまでの岩田騎手の態度を重く受け止め、即日出場停止処分という決断に至ったのです。

 

 

また藤懸騎手以外にも若い騎手数人が、岩田康誠騎手のパワハラ対象になっていると暴露する藤田氏。岩田騎手には息子・岩田望来(いわたみらい)騎手もおり、若手騎手は息子同様の年齢です。若手の見本になるのではなく、老害となってしまった今回の騒動。出場停止期間中に気持ちを新たにして欲しいものです。

いじめは若年化していきます。→廣瀬爽彩さん(旭川いじめ)の加害者の名前を特定か!

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました