事件・事故・炎上

渡部栄治の顔画像!逆上しやすい性格で過去に傷害や恫喝で逮捕歴が!【台東区清川】

2021年3月13日に東京都台東区の簡易宿泊所で男性が刺されて殺害されました。この事件の犯人として無職の渡部栄治(わたなべえいじ)容疑者55歳が指名手配されておりましたが、3月14日に確保されました。

 

この記事では、わたなべえいじ容疑者の顔画像や確保時の場所、また過去にも逆上し傷害や恫喝で逮捕されていた経歴をお伝えします。

 

 

話題の記事⇒⇒【福岡5歳児餓死事件】赤堀恵美子の生い立ちが原因!クレーマーや詐欺師へと変貌

話題の記事⇒⇒赤堀恵美子の旦那が首謀者か!偽名/年齢詐称と虚言癖

 

【動画】台東区の簡易宿泊所の男性刺殺事件の概要

東京・台東区の簡易宿泊所で、男性が刺されて殺害された事件で、警視庁は、無職の55歳の男を指名手配した。

殺人の疑いで、全国に指名手配されたのは、無職の渡部栄治容疑者(55)。

渡部容疑者は、13日午前6時ごろ、台東区の簡易宿泊所で、荻原渉さん(28)を包丁のような刃物で刺し、殺害した疑いが持たれている。

2人は、2020年から同じ階に宿泊していて、宿泊所の防犯カメラには、渡部容疑者が荻原さんと会話したあとに、包丁のような刃物で顔や背中を刺し、走って立ち去る様子が映っていたという。

警視庁は、情報を募るため、渡部容疑者の顔写真を公表することにしている。引用:FNNプライムオンライン

 

・渡部栄治容疑者と被害者の荻原渉さんは、2020年から台東区清川の施設に宿泊していた。

・二人は2階のはす向かいの部屋に長期宿泊をしていた。

・2021年3月13日午前に渡部容疑者とみられる男と荻原さんが廊下で口論、その後に男が部屋から刃物を持ちだして荻原さんの背中や腹を刺して逃走。この様子がホテルの防犯カメラに写っていた。

・二人は騒音を巡るトラブルで言い争っていたとみられる。

・犯行時刻は午前6時ごろ。

・渡部容疑者の部屋からは凶器とみられる血のついた包丁が見つかった。

・2021年3月14日、渡部栄治容疑者は指名手配され世田谷区で身柄を確保。

 

事件があったのは東京都台東区のいわゆる「ドヤ街」と言われる場所です。日雇い労働者が多く、渡部栄治氏も荻原渉さんも日雇いでその日暮らしをしていたのでしょう。2020年からこのホテルを拠点としていたようです。

渡部栄治の顔画像や逮捕の様子

watanabeeiji
画像:産経新聞

台東区清川の男性刺殺事件は、3月13日に事件が起こったあと防犯カメラの映像から渡部栄治容疑者を特定し、3月14日には情報を募るために顔写真を公表し、全国指名手配を行いました。上の画像は警察による情報公開時の指名手配写真です。

 

この公表結果もあり、3月14日午後に渡部栄治容容疑者を世田谷区内で確保致しました。確保されたときの顔画像がこちら。

 

watanabeeiji
引用:FNNプライムオンライン

 


引用:FNNプライムオンライン

指名手配された写真そのままだったため、早期確保につながったようです。渡部栄治容疑者は変装もせずに逃げ回っていたのでしょうか。翌日にまだ世田谷区内にいたというのですから、所持金もなくあまり遠くまで逃げることが出来なかったのかもしれません。

渡部栄治のプロフィール

watanabeeiji

 

名前:渡部栄治
年齢:55歳
身長:165cm

職業:無職
逃走時の衣類:黒い上着と黒いズボン

 

東京台東区清川にある簡易宿泊所に居住をかまえていた渡部栄治容疑者。清川は東京の山谷、横浜の寿町、大阪の西成、という日本の三大ドヤ街の一つなので、渡部栄治氏も日雇い労働者として働いていたと思われます。

 

日雇いでのわずかな賃金は、その日泊まるホテル代にし、また食事などにあてたらすぐに消えていってしまったことでしょう。被害者である荻原渉さんは、同じホテルに泊まっていたという訳アリ同士であっても、2人の関係は希薄なもので接点などあまりなかったと思います。

 

しかし渡部栄治容疑者は過去に逮捕歴があり、そのときの様子からかなり逆上しやすい性格の持ち主だということが分かっております。(詳しくは後述します)

 

きっかけはささいな口論であり、このような悲惨な事件になってしまった原因は、渡部栄治容疑者の激高しやすい性格だと断言できるでしょう。また正確な動機が分かり次第追記修正していきます。

【前科】過去には占い師暴行傷害恫喝で逮捕

渡部栄治容疑者は過去にも犯罪歴がありました。

 

2008年11月、東京世田谷区内の路上で占いをしていた女性に、言いがかりをつけ顔を殴ったと傷害罪で、当時43歳の渡部栄治容疑者が逮捕。さらにこの事件での初公判で、検察側証人として出廷した30代の女性被害者に対して、渡部栄治氏は法廷でも暴言を吐き、東京地検は渡部被告を証人威迫罪、脅迫罪の容疑でも逮捕。

 

この傷害罪での初公判の際に、渡部栄治容疑者は占い師の女性に

「また次もやるぞ。日本中の占い師をつぶしてやる」

「おれはお前の顔を覚えている」

などと怒鳴って脅しました。出廷した30代の女性被害者は、両耳をふさいで泣き始めてしまうほど。

 

この頃、ちょうど裁判の被害者や遺族が刑事裁判に出席し、被告人質問を行うことができる『被害者参加制度』(2009年12月施行)が始まったばかりでした。勇気を出して出廷した被害者もこんな脅しを受けたら、今後の生活も怖くて一人で街も歩けません。

 

さらに渡部栄治容疑者は、「静かに!」と制した裁判官に対しても、

「似非裁判官が! 裁くのは神だけだ。懲役100年でもぶっつぶしてやる」

と暴言を吐きまくりました。そのため東京地検は、渡部被告を証人威迫罪、脅迫罪の容疑で逮捕。地検側としても裁判員制度に対して、被害者保護の姿勢を強く示す必要もあったのでしょう。

 

さらに渡部栄治容疑者は、この証人威迫罪や脅迫罪に対して「発言したことは認めるが被害者に対してではなかった」と弁明を述べていたというのですから呆れます。今回の事件はどんな暴言や言い訳がでるのでしょうか。

⇒⇒赤堀恵美子の家族構成(夫/子ども)や幼稚園を特定!【福岡5歳児餓死事件】

こちらもおすすめ
でぃぐとぴニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました